月別アーカイブ: 2018年1月

Music Center for PCを入れてみた

Music Center for PCなるソフトが出ていると言うことでインストールしてみた。このソフト、Media Goに変わるものだが評判がイマイチなようだが実際はどうだろう?自分が使用する機能で比較してみた。

Music Centerの確認
機能 Music Center for PC Media Go x-アプリ
FLACでの取り込み ×
wasapi対応 ×
転送 WALKMANのみ スマートフォンも可 WALKMANのみ

スマートフォンへの転送のみNGだけどFLACでの取り込みが出来てwasapiが使えるならこれでいいかと言う感じ。iPhoneなんか標準のアプリがFLACを扱えないからPC上でデータとして突っ込むし。
あとCDへ書き込めないという意見もあるがもうCDを使う場面もないな。車もUSBにMP3入れて刺せば取り込むし。
ということで自分的にはMusic Center for PCはありだった。

Pocket

foobar2000とかx-アプリとかwasapiとかJBL PebblesとかCovia ZEALとか「いい音」とかいった雑記

foobar2000でwasapの設定、eventとpushのどっちがいいんだろうと調べていたら(何回目だよ!)fooba2000は音が悪いという書き込みがあった。
うーん、CDとmp3が聴き分けられない自分の耳ではどうでもいいことだな(eventとpushもだろ!)と思いつつ少し考えてみた。
その書き込みによればfoobar2000は加工した後でwasapiにデータを渡していて別のアプリでは無加工で渡しているだろうとのこと。
たしかにfoobar2000ではボリュームを変えられたりするので加工が入っていそう。x-アプリはアプリ側でボリュームコントロールが出来ないのでWindowsのボリュームコントロールに頼ることになる。
ということで久しぶりにx-アプリを起動してみる。ツール→設定→オーディオ出力設定でwasapiを選択できる。で、再生してみたのだがスピーカー(JBL Pebbles)にノイズが乗る。特定の曲かとおもったが他の曲でも乗る。foobar2000では乗らない。x-アプリのオーディオ出力設定に「再生音が音飛びする場合はチェックをいれてください」という項目があるのでチェックを入れるとノイズは解消。
x-アプリで聞いた感じはfoobar2000よりいい?まあ、プラシーボのレベルだろうな。ただ何も加工が出来ないx-アプリの方がいい音だというのもわからなくはない。
少し話題がそれてJBL Pebblesについてだが価格、サイズの割にいい音であると言われている。ただしDAC部分は48kHz/16bitである。しかしAUX入力がある。そして手許には192kHz/24bitのDAC(Covia ZEAL)がある。Covia ZEALの出力をJBL PebblesのAUXに入れたら(聴き分けられないけど)もっといい音になるのではないか?が、やってみたところ音が出ない。AUXに線を刺すと音が出なくなるので認識はしている。Covia ZEALからも音は出ている。うーんAUX入力壊れた?後でスマフォかの出力を刺してみよう。
追記:ボリュームの問題だった。ノイズが乗るというか何かを拾ってしまっているようなのでNG。x-アプリからwasapi出力がベストか?

またまた話は変わって「いい音」って何だろうね?「正しい音」は一つしかないはずなんだ。音源が出してマイクの位置に届いた音。その時の音をそのまま再現出来たら「正しい音」。けどほとんどの人は「正しい音」を求めていないよね?スピーカーを変えたら、イヤフォンを変えたら、ケーブルを変えたら(リケーブルなんて昔の常識からすれば接点が増える害悪でしかないけど)「音が変わった」。変わったということはどちらかが誤っている、いやどちらも誤っているのだけど。だってマイクが音を拾った時点で全てを拾えていないし。ああ、ではマイクから出た音あるいはマスターに保存された音を「正しい音」とするか?どちらにしてもその音を求めている人は少なくて殆どの人は自分の好みにあった音を求めているわけだよね。なので「いい音」=「自分の好みの音」ということだな。あれ?書いていて恥ずかしすぎるくらいに当たり前の答えになってしまった。まあ、いいか。とりあえず「DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム [Disc 2]」は良い。

Pocket