カテゴリー別アーカイブ: デジタル家電

【SONY BRAVIA KJ-32W730E】購入


テレビを買った。AQUOS LC-32DZ3からの買い換え。決め手は32型でフルHDのIPSというところ。このクラスではKJ-32W730Eしか残っていなさそう。LC-32DZ3もまだ使えているがそれなりの年数が経っているし壊れてからの購入だと十分な検討が出来ない。少し前から探してはいたのだが32型でフルHDのIPSというものが壊滅状態。既に市場には存在しないと思っていたのだが偶然KJ-32W730EがフルHDでIPSだと知る。LC-32DZ3との比較だと

外観

素っ気ない。LC-32DZ3はディスプレイの周りに金属チックな枠があったりスタンドが金属チックだったがKJ-32W730Eは今風にベゼルレスな感じだしスタンドも飾り気がない。その分、コンパクトに感じる。

画面

32型フルHDのIPSから32型フルHDのIPSへの買い換えなのであまり変わった感じはしない。枠が細いので画面が空中に浮いている感じ。倍速駆動とかないけど今のところ気になっていない。

LC-32DZ3のスピーカーは背面だがKJ-32W730Eは底面なので音の出はいい感じ?まあ、PC用ディスプレイのような貧弱な音ではない。

機能

インターフェースの数といい機能といい昔のテレビと比べると随分と省かれている。コストダウンの結果か。しかし昔のテレビにあった細々とした機能を使っていたかというと1割も使っていないだろう。HDMI入力はFire TVとレコーダー、PCと3口欲しいところだがレコーダー持っていないしPCもたまにしか繋がないのですぐに困るわけでもない。

40型以上にすればもっと高機能・多機能なものがあるが部屋のサイズと比べると大きすぎる。単価が下がって商売になりにくいのはわかるがもう少しこのサイズを大事にしてもらえないだろうか。

(追記)
自分のブログを読み直したら1月の時点でこの機種の事は認識はしていた模様(すっかり忘れてた)。その時は「前モデルに比べて機能が落ちた」というところしか見ていなくて見送った。ただ、前モデルのW730Cは非IPSだったので迂闊に飛びつかなくてよかったというのが今の心境。機能に関しては前モデルはAndroid TVでこちらは非Android TV。もはや後継機種ですらない気がする。

Pocket

ハイレゾは20kHz以下、96db以下に効果があるのか?

ハイレゾに関しての自分の認識は

  • サンプリング周波数の向上は20kHz以上まで録音、再生を可能とする
  • 量子化ビット数の向上はダイナミックレンジを拡大する1bit=6db
  • 人の可聴域は20kHzが上限と言われているがそれ以上を聞き取れる人もいるだろう
  • 20kHzを超える高音でも皮膚は感じているらしい(ハイレゾ対応イヤフォンって…)
  • ハイレゾ対応させるためにはそれなりにコストをかける必要がある
  • サンプリング周波数を高くした場合、20kHz以下の音に悪影響を及ぼす場合がある

といったところ。標本化定理でサンプリング周波数の半分の周波数までは再現可能となっているがそこは理論と実際がどうなっているかだが問題があるという確信できる情報にあたれていない。サンプリング周波数を上げると対応出来る周波数が広がると同時に低い周波数もサンプリングポイントが増えて細かく再現出来るようなイメージだが実際に効果があるのか?元の音の倍の周波数でサンプリングすれば再現出来るのに(量子化ビット数も同様に拡大の他に詳細になるのか)。逆に高周波数帯が20kHz以下の音に悪影響を与えることはわかっていて、そのためにフィルターをかけてカットしているとのこと。このような状態で「ハイレゾ音源」に意味はあるのかと。20kHz以上まで聞こえる人には素直に意味はありそうだけど。また、耳では聞こえていなくても肌では感じ取れるという実験結果は出ているようなのでハイレゾ音源+ハイレゾ対応スピーカーは意味がありそう。ただし聴力の限界が20kHzの人の場合、イヤフォンでは「ハイレゾ音源」は意味がなさそう。ただ、「ハイレゾ対応」の機器はコストが「かけられる」のでそういう点では無意味ではないだろう。そうなると大多数の人にメリットがあるのはCD音源+ハイレゾ対応機器となりそうなので音源提供側はCD音質にしてCDと同じ価格にしてくれないだろうか。もっとも制作側は24bitで加工等をしているそうなので実はCD音質にするよりハイレゾ音源の方が安上がりだったりして。

Pocket