カテゴリー別アーカイブ: デジカメ

【arrows Be F-05J】カメラ機能を調べてみる

F-05JにCamera FV-5 Liteというカメラアプリを入れてみた。このアプリ、測光方式に分割測光とか選べるのだが本当に効いているのか不明。Exifだと中央重点測光のままだし。と言うことでF-05Jのカメラ機能を調べてみた。細かい情報は割と身近にあってドコモのサイトにF-05J (7.1.1)|NTTドコモ 端末・ブラウザスペックということで載っていた。またarrows Be F-05J : スペックとサービス・機能 | 製品 | NTTドコモにもそこそこ情報は出ていた。あとは取説。
今回、わかったのは

  • 静止画に電子式手ブレ補正がある
    光学式手ブレ補正がないから全くないかと思ったらそんな事はなかった。一部サイトでは電子式では静止画の手ブレ補正は出来ないみたいなことが書いてあったが出来ないわけではないらしい。ただし効果は光学式より弱く画像を合成擦る感じになるので画質的には不利。
  • シーン種別はオートに加えて5つ
    取説では「最適なシーン種別へ切り替えて」とあるがシーン種別はオート、風景、夜景、ポートレート、スポーツ、夜景ポートレートがある。これくらいの切り替えならマニュアルでさせて欲しいのだけど。以前、夜景を撮影した時に露出がおかしかったのは夜景と判断されずに夜景ポートレートと判断されたか?その上でフラッシュを禁止していたから感度が上がりすぎた?正しく夜景と認識されるとこれくらいにはなる。
  • 分割測光はたぶんできない
    測光エリアの検出可能最大数という項目の値が1である。なので分割測光はできないと思われる。ちなみにXperiaやGalaxyも1だった。なんとMONOが10。露出に関しては分割測光の方が正しく出来ると思う。ただしEVの調整で対応は可能かもしれないが。
  • 顔認識は10名
    顔の検出可能最大数という項目の値が10である。なので10名まで認識しそう。ちなみにSH-01Kは5である。
  • カラーエフェクトにmonoとかsepiaとかある
  • といった感じなのでそこそこの機能はある。タッチフォーカスと露出補正を上手く使えばまあまあの写真がとれるのではないだろうか?

    Pocket

    【OLYMPUS SH-1】今年はもっと使おう。

    せっかく持ち歩きしやいようにコンデジにしたのに持っているだけで使わないのでは意味がない。
    ということで今年はもっと使うようにしよう。ということで早速、撮ってみた。

    換算25mm

    換算54mm
    ここまではスマフォでも出来るかな。

    換算128mm
    スマフォだとデジタルズームだね。

    換算37mm
    屋根光ってる。

    換算80mm
    ん?真ん中に模様がある?

    換算600mm
    やっぱり。
    これ一眼レフだと前の人の頭叩きそう。コンデジだから出来ることもある。

    換算248mm
    スマフォだとこういうの無理だよね。

    コンデジの生き残る道って光学ズームだと思うんだよね。スマフォではほぼ無理だし一眼レフだと機材が大きくなりすぎる。画質は一眼レフに敵わないだろうけどそもそも撮れなきゃ話が始まらん。

    プログラムオート

    シーンモード(料理)

    プログラムオート

    シーンモード(料理)

    シーンモードも使いこなせるようにしないと。

    Pocket