【HYBRID W-ZERO3】BattClockのインストール

CPU使用率を表示したくBattClockを導入。
設定項目が非常に細かい。
インストールすると即時に稼働するので競合しそうなアプリ(タスクバーに常駐するもの)は事前に停止した方がいいかも。
スタート画面からbattconfigで設定画面に。
項目は全部で12個設定できる模様。
まず、Contentを選択し全てEmptyにして被っている日付などを除外してみる。
でも、まだオリジナルの時刻が表示出来ない。
StripesでStripe1と2をEmptyに。
Locationで表示位置とサイズ、行・列数の指定。
少し分かってきた。ここで位置、サイズを調整してオリジナルの項目に被せればいい。

それでは設定内容。
LocationでRowsを2、Columnsを2(2行2列)、Xを-350に設定。Wを100に設定。
項目1はBattery Temperature
項目2はBattery%
項目3はFree%(メモリーかな?)
項目4はCPU%
Locationで設定した数以上の項目を設定すると最後の項目で入れ替えながら表示する模様。
Display FormatsでFree%の単位を%表示に。デフォルトが変な記号なのはバッテリーと区別するためか?
%を出すときは%%にする必要がある。
CPU使用率も%表示に。けど表示の値が高すぎる。
Divide byを10にして様子見。<=やっぱり1でいいみたい。普段から結構CPU使ってるのね。
Colorsでフォントカラーの設定ができる。とりあえず白に。
バッテリーとメモリーは数値で色を変えられる。
Logでログ出力が出来るようだがとりあえず無し。
Othersはよく分からないのでパス。
結果、こんな感じに。
左上:Battery Temperature、右上:Battery%
左下:Free%、右下:CPU%
2010100319BattClock
レジストリの内容も表示できるのでSDカードの残量も表示出来るかも。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − fourteen =