【ウィルコム】Hybrid W-ZERO3のマーケティング

Hybrid W-ZERO3の内覧会が大阪で開催された。
参加者のブログがアップされていたので、いろいろと読んでみたが、
ウィルコム、Hybrid W-ZERO3の開発にあたってマーケティングをしたらしいのだが何か間違ってない?

まず、今回の販売ターゲットがスマートフォンをちょっと敷居の高いものと捉えている携帯ユーザーとしているが、意見を聞いたのはこれまでのユーザー。
携帯ユーザーの意見がどこまで聞けているのか?
今回の内覧会の案内もWindowsCE FANというモバイル系のサイト。
集まってくるのは、これまでのW-ZERO3ユーザーなので当然QWERTYキーなしには拒絶反応を示すだろう。
そもそも今、スマートフォンを使用していなくてスマートフォンに興味がある人って、既にスマートフォンを持っている人より少なかったりして。

今の携帯に出来なくてスマートフォンに出来ることって何だろう?
日本の携帯電話なんてスマートフォン並みにいろんなことが出来るんですが。
そんな中で携帯からスマートフォンに移ってくるにはそれなりの理由が必要。
スマートフォンでなければ困る人、スマートフォンのようなガジェットが好きな人。
後者はもう何かしらのスマートフォンを持っていると思うけど。
売れるといいね、とは思うけど非常に厳しい状況になりそう。

人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × one =