【Microsoft Surface Go】キーボードの使用感(E203MA等との比較)

Surface Goのキーボードを他の端末と比較してみる。
Surface Go(10インチ)

T100HA(10.1インチ)

E203MA(11.6インチ)

3台の中ではSurface Goが一番横幅が狭い。バックスペースは位置としては他のキーボードと同じだが慣れないと¥マークを入力する。これは配列の問題というよりサイズの問題かな。きちんとしたタイピングを身につけていないのでホームポジションとかではなく体との位置関係でキーの位置を覚えているのかな?慣れればその時は打ち間違いはしなくなるがデスクトップを触って戻るとまた打ち間違えそうである。
また、キーボードに角度をつけるか否かだが角度はなくてもいいかもしれない。少し急すぎる感じがする。クラムシェルのノートPCではほとんど角度がついていないしを角度をつけなければキーボードが浮かないのでペコペコいわなくなる。
打ちやすさはやはりE203MAの方が上か。T100HAは既に動かなくなっているし記憶も曖昧だがSurface Goと同じような感じ。ただしタッチパッド使用感はスクロール時のスムースさとかボタンのクリック感等、Surface Goが一番いい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × two =