【ASUS E203MA】スリープからの復帰実験

E203MAでスリープからの復帰実験をいろいろやってみた。結果はこんな感じ。

14分でカバーオープン:電源インジケーターが点滅して自動で復帰。
1時間50分でカバーオープン:電源インジケーターが点滅して自動で復帰。
3時間でカバーオープン:電源ボタンの短押しで復帰。これはスリープから3時間で休止状態に移行するよう電源設定がされているため。
6時間弱でカバーオープン:電源ボタンの短押しで復帰失敗。一瞬、電源インジケーターが点灯するが復帰してこない。電源ボタンの長押し(10秒以上)で強制電源オフ→電源ボタンの短押しで電源オン。

スリープ状態/休止状態から復帰しない場合の対応に関しては確かにユーザーマニュアルの75ページに記載がある。
休止状態から電源ボタンの短押しで復帰出来る場合と復帰出来ない場合があるのが問題だが原因は不明。
スリープから休止状態になった場合は電源ボタンの長押し(3秒程度?)すると復帰に失敗しない?
2回目の修理に出す前になったような過放電状態にはなっていない。何か設定等が変わったのか休止からの復帰失敗後の対処を正しく行えているからなのかは不明。
なお、誤って過放電させた場合は30分程度充電した後に電源ボタンの長押し(10秒以上)で強制電源オフ→電源ボタンの短押しで電源オンが出来ると思われる。ダメな場合、最後の短押しを長押しで。

キーボード

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 − 3 =