視力と視力検査と老眼鏡とハズキルーペ

何で、こんな記事書いてるんだろ?まあ、気になっていろいろ調べて回ったので。【注意】この記事は素人が書いています。
視力とは本来、どれだけの範囲のものにピントがあうかというものらしい。けど、視力検査って対象物の距離を変えないで大きさを変えているよね?何で?という疑問がスタートかな。
近視の人は網膜の手前で焦点が合うとかは聞いたことがあると思う。遠視は網膜の後ろに、老眼はピントの調整力が弱い。じゃあ遠視用の眼鏡と老眼鏡の違いは?どちらも凸レンズだよね?
まず押さえておきたいのは「調整力」という言葉。要は水晶体(眼のレンズ)を厚くする力。だいたい5m以上離れたものを見るときに「調整力」がゼロになるらしい。この距離で網膜より手前で焦点が合う人が近視らしい。本来の意味からすればじゃあどこまで近づいたら見えるのかを図るのだろうが対象物のサイズを大きくすることで視力としている。これはピントが合う=分解出来ると見なしてのことか。1cmの隙間は分解出来なくても5cmの隙間は分解できる。この場合、5m先にある物にはピントが合わないが1m先の物にはピントが合うので視力xxという扱いか?ちなみに遠視の場合は調整力なしの場合、10mにピントが合うが5mでも調整力が働くので見えないということはないらしい。その代わり調整力が常に働いてしまうので疲れるらしい。では老眼の場合はどういうことなのか?通常、5mで調整力ゼロとして対象物が近づくにつれて調整力で水晶体を厚くしてピントを合わせるのだが老眼の場合はこの調整力が衰えて水晶体を厚く出来ない、厚くするのに時間がかかるということらしい。
それでは眼鏡はどのような働きをするのか?眼鏡をかけたところで水晶体の厚さや水晶体から網膜までの距離が変わるわけではない。近視の場合は凹レンズで光を少し外側に曲げることにより水晶体と抜けた後、網膜の位置でちょうど像を結ぶようにするのか?遠視の眼鏡や老眼鏡は凸レンズなのでその逆か?しかしハズキルーペもルーペというだけあって凸レンズなんだよね。ここがどうも腑に落ちなくて。よく見かける説明が老眼鏡はピントを合わせるものでハズキルーペは拡大するものだというもの。が、そもそも「ピントが合う」の定義がどうなっているのか。先に述べたようにピントが合う=分解出来るだったら拡大することによって分解出来るのだから同じだろうと(視力検査では拡大することでピントがあっていると見なしているわけだし)。同じ凸レンズを使用して片方は「ピントを合わせる物です」もう片方は「拡大する物です」と言われても納得できない。まあ、レンズと水晶体の距離が異なるという話もあるのでカラクリはそのあたりなのかもしれないが。
光学系は難しい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + eighteen =