【ASUS E203MA】再度修理から戻る(事象再現せず)

再度修理に出したE203MAだが再度事象再現せずで戻ってきた。
事象としてはカバーを閉じてスリープにして長時間(20時間以上?)立つと電源が入らなくなるというもの。
毎回ではなく2、3回に一度。状態としては過放電になっている模様。電源が切れていなかったとして過放電までいくか?
ASUSの確認内容をみると「スリープで長時間を複数回」という条件を満たしていないように見受けられる。伝え方がよくなかったか?
後から文面を読み返してみると「スリープで長時間を複数回」というのが明確になっていない。
1回目の修理の方が近い作業を行っている。どうも1回目と2回目で部署が異なるのかPW等も連絡し直しだった。
事象が事象だけに確認には時間がかかると思っていたが24日の朝に事象が再現しないからもう少し確認させて欲しいと電話があり、その日の午後には発送されてた。もう少し確認する気、あったのか?
ASUSから連絡があったらそこまでの作業内容を聞いてからOK出さないとダメだな。まあこれはASUSに限った話ではないか。
いずれにしても再度修理に出すのも面倒なので運用で対応するか。毎回シャットダウンすれば問題は起こさないだろう。
戻ってきてから更新の状況を確認したらIntelのドライバーが2本(Extensionとnet、いずれも4月のもの)、更新された。何か影響あるか?
もう少しスリープ運用を続けてみるか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 2 =