ハイレゾは20kHz以下、96db以下に効果があるのか?

ハイレゾに関しての自分の認識は

  • サンプリング周波数の向上は20kHz以上まで録音、再生を可能とする
  • 量子化ビット数の向上はダイナミックレンジを拡大する1bit=6db
  • 人の可聴域は20kHzが上限と言われているがそれ以上を聞き取れる人もいるだろう
  • 20kHzを超える高音でも皮膚は感じているらしい(ハイレゾ対応イヤフォンって…)
  • ハイレゾ対応させるためにはそれなりにコストをかける必要がある
  • サンプリング周波数を高くした場合、20kHz以下の音に悪影響を及ぼす場合がある

といったところ。標本化定理でサンプリング周波数の半分の周波数までは再現可能となっているがそこは理論と実際がどうなっているかだが問題があるという確信できる情報にあたれていない。サンプリング周波数を上げると対応出来る周波数が広がると同時に低い周波数もサンプリングポイントが増えて細かく再現出来るようなイメージだが実際に効果があるのか?元の音の倍の周波数でサンプリングすれば再現出来るのに(量子化ビット数も同様に拡大の他に詳細になるのか)。逆に高周波数帯が20kHz以下の音に悪影響を与えることはわかっていて、そのためにフィルターをかけてカットしているとのこと。このような状態で「ハイレゾ音源」に意味はあるのかと。20kHz以上まで聞こえる人には素直に意味はありそうだけど。また、耳では聞こえていなくても肌では感じ取れるという実験結果は出ているようなのでハイレゾ音源+ハイレゾ対応スピーカーは意味がありそう。ただし聴力の限界が20kHzの人の場合、イヤフォンでは「ハイレゾ音源」は意味がなさそう。ただ、「ハイレゾ対応」の機器はコストが「かけられる」のでそういう点では無意味ではないだろう。そうなると大多数の人にメリットがあるのはCD音源+ハイレゾ対応機器となりそうなので音源提供側はCD音質にしてCDと同じ価格にしてくれないだろうか。もっとも制作側は24bitで加工等をしているそうなので実はCD音質にするよりハイレゾ音源の方が安上がりだったりして。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 5 =