32型のフルHDテレビがない

今のテレビが2011年購入。そろそろ次を考えた方がいいかなぁと思いつつ物色して驚いた。
32型のフルHDが壊滅状態。出しているのはSONYとLGくらいか。しかもSONYは2016年モデルより2017年モデルの方が機能が落ちている。どうしたものか。

  1. フルHDを諦める
  2. 40型にする
  3. 液晶モニター+チューナーにする

あたりが対策か。

1.フルHDを諦める

32型くらいだとHDとフルHDの違いはわからないという人もいる。実際にそうなのかもしれない。が、スマートフォンでは5インチのHDでフルHDより粗いとか言われる。ディスプレイまでの距離が違うからというのはあるがテレビの場合、HDだと1,366×768で49ppi、フルHDだと1,920×1,080で69ppi。もともとスマートフォンよりかなり粗いのでわかってしまいそう。それに24型あたりだとフルHDモデルが結構ある。いやHDパネルがないからとかあるのかもしれないが違いがわからないというのはどうも怪しい。地デジの出始めの頃はソースがそこまで良くなかっただろうからわからなかったかもしれないが今はフルHDの更に上の規格を見据えているだろうからなぁ。しかも地デジですらピクセル数を圧縮して映すしBSやネット配信はフルHDソース。それを1,366×768に落としているというのを知ってしまっているというのがなぁ。。。

2.40型にする

ディスプレイのサイズと視聴距離の関係では32型で1.2m、40型で1.5mとなっている。今の状況を確認したら1.5mなので40型でも大丈夫そうではある。が、話はそんな単純ではない。部屋には全体のサイズというものがある。ベゼルが狭くなっている分、小さくはなっているが32型に比べて40型は確実に大きい。テレビの両サイドをそれだけ拡張出来るのかという問題がある。

3.液晶モニター+チューナーにする

テレビではなく液晶モニターであれば32型(実際は31.5型が多そうだが)でフルHDというのは結構ある。チューナーが別でもHDMI接続ならチューナー側の操作で連動するかな。しかしそれでもテレビに求められるものとPCモニターに求められるものは異なるのでスペックをきちんと確認しないといけない。チューナーも録画のオマケではなくきちんとテレビとして機能するものを選ばないと。またスピーカーは確実にダメなので別途用意が必要だろう。こうして積み上げるとコスト的にもマイナス(まあコンポーネントタイプは基本そうだね)。

ちょっと今から調べ始めるか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + three =