auからmineoにMNP完了&SHF32に刺してみる

SIMの受け取りから設定

auからmineoへのMNPが完了した。1/3に申し込んで1/5にはSIM発送。正月のためか1/6には到着せず1/7到着。SIMが発送されても切り替え手続きを行うまではauの回線は生きているので問題はない。
SIMを受け取ったらmineoのサイトで切り替え手続きを行う。30分程度使えない時間が発生する模様。
切り替えが終わった頃を見計らってSHF32の電源をオン。テストコールもOK。
インターネットはAPNの設定を行う必要がある。設定→ネットワーク設定→モバイルネットワーク設定→アクセスポイント名→サブメニュー→新しいAPNでmineoのAPNを設定。設定が終わったら追加したAPNを選択して戻る。

SHF32に設定してみて

SHF32に設定して使用した感想だが、Webに関しては携帯向けのサイトがほぼ壊滅しているのでスマフォ用サイトを見ることになるがそれ程見易いものではない。携帯用サイトの特徴は数字キーに処理が割り当てられていたことだがスマフォ用サイトではそんなことはしていない。SHF32はタッチパネルではないがダイヤル面でトラックパッドのような操作が出来るのでそれで操作することは可能。ただ慣れが必要であまり使い易い物ではない。mineoでんわに関しては設定→電話・メール→通話設定→番号付加設定→プレフィックス自動付加で0063(これG-Callと同じプレフィックスだ)を設定すれば試用可。IP電話に関してもLaLaコールはアプリが必要だがFUSIONなら通話設定のインターネット通話で設定できる。ただメールに関してはSMSは出来るのだがEメールがauのキャリアメールにしか対応していない。別のメールアプリを入れれば出来るようだがそもそもガラホはアプリを入れる時点でハードルが高い。mineoのメールもWebメール対応していないのでメールを使用したいのであれば素直にSIMフリーのガラホ(SH-N01)を使用した方がいい。

SHF32とSH-N01の比較

SHF32とSH-N01を比較した場合、カメラの機能はSHF32の方が豊富、ワンセグはSHF32だけ、SH-N01はメールがちゃんと使える、歩数計がある、緊急地震速報は使えないか?まあSHF32に関してはmineoも公式にはサポートしていないみたいなので素直にSH-N01を使う方がいいか。緊急地震速報に関しては自分のが鳴らなくても周囲で沢山鳴るので。

まあ、この後はiPhoneに刺しちゃうかも。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × three =