arrows Be F-05JとAQUOS sense SH-01Kの比較

docomo with対応の両機種、ほぼ同サイズでSoCはどちらもSnapdragon 400番台。どれくらいの違いがあるのか比べてみた。

SoC
F-05JのSnapdragon 410に対してSH-01KはSnapdragon 430。
機種にもよるがベンチマークのスコアは2倍くらいの差がある。同じSnapdragon 400番台でも随分と差がついた。

ディスプレイ

F-05Jは5インチで720×1280、SH-01Kは同じく5インチで1080×1920。
SH-01Kのスペック上は詳細だが実際はそこまで気にならないだろう。これが有機ELだとかいうと全然違ってくるのだが。

バッテリー性能

F-05Jの2580mAhに対してSH-01Kは2700mAh。
容量はSH-01Kの方が多いがドコモ調べの電池持ち時間だとF-05Jの105時間に対してSH-01Kは95時間。
連続待受時間はF-05Jが長いが連続通話時間はSH-01Kが長い。まあ、電池持ち時間を信じれば少しだけF-05Jの方がよい。
これはディスプレイの解像度の違いが影響しているのかも。

USB端子

F-05JはType-BだがSH-01Kは2.0のType-C。
Type-CはType-Bに比べて耐久性等が上がっている。またSH-01KはOTGに対応している。

ストレージ

F-05Jの16GBに対してSH-01Kは32GB。
16GBだとmicroSDがないと辛い。

メモリ

F-05Jの2GBに対してSH-01Kは3GB。
多いに越したことはないが2GBでもあまり不便はないだろう。

VoLTE対応

F-05JはVoLTEのみ対応だがSH-01KはVoLTE(HD+)まで対応。
VoLTE(HD+)ってどれだけちがうのだろう?

対応バンド

F-05Jのバンド1,3,19に対してSH-01Kもバンド1,3,19。
と違いはないように見える。国内はそうなのだが海外のバンドだとF-05JのLTEは1,3のみなのに対してSH-01Kは1,3,5,12,17となり海外での使い勝手がよさそう。

無線LAN

F-05Jは2.4GHzと5Ghzに対応しているの対してSH-01Kは2.4GHzのみ。
2.4GHzは電子レンジを使うと切れると言われているが5GHzがないとどれくらい不便だろうか。尚、屋外では気象レーダー等の干渉があり5GHzはあまり使い物にならない。

ワンセグ

F-05Jはワンセグに対応しているがSH-01Kは非対応。
普段はあまり使わないのだがたまにあるとすごく便利。

堅牢性

F-05JはMIL規格対応だがSH-01Kは非対応。
F-05Jの方が乱暴に扱っても壊れない。

バージョンアップ

F-05JはAndroid 8にならないがSH-01Kはなる予定。
Android 8ってどれくらい変わるんだろう?

価格

ドコモオンラインショップの2017/12/03現在の価格はF-05Jが28,512円、SH-01Kが30,456円。
今買うならSH-01Kか。ワンセグが不要なら。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five − 1 =