Windows 10 Mobileは本当にダメだったのか?

この記事はWindows 10 Mobile Advent Calendar 2017の3日目の記事です。

去年は「ガラケーが終了するというニュースが流れた。」というテーマで書いたのか。
今年は「Windows 10 Mobileが終了するというニュースが流れた」になってしまった…

とはいえ今すぐ動かなくなるわけでもないしセキュリティパッチはまだ提供される。
が、ここらでWindows 10 Mobileを振り返ってみる。

OSとしての機能

設定画面を順に見ていくと

  • ワイヤレスディスプレイ(Miracast)が使える。
  • 通知エリア、クイックアクションが使える。
  • 電話に出られないときSMSで返信出来る。
  • アプリをSDカードに保存出来る。
  • バッテリー節約機能がある。
  • オフラインマップがある(日本では使えず)。
  • 運転モードがある(使った事ないけど)。
  • 既定のカメラアプリが選べる。
  • OneDriveへ自動アップロードが出来る。
  • USBマウス、キーボードが使える。
  • 着信音が選べる。
  • 画面をタイムアウトする時間が選べる。
  • Windows Helloが使える(端末の対応が必要)。
  • キーボードの設定を変更出来る(ユーザー辞書がないのは問題か?)。
  • 音声認識が出来る。
  • 音声合成が出来る。
  • 位置情報やカメラ使用等のプライバシー設定が出来る。
  • セキュリティパッチが毎月更新される。
  • 端末のバックアップが出来る。
  • デバイスの暗号化が出来る。
  • ストア以外からのアプリのインストールが出来る。

省略しているがこれだけの機能はそろっている。他OSにあって絶対的に不足しているものはないと思うが。

操作性

  • ホームスクリーンはライブタイルにより情報の表示とアプリの起動の両方を兼ねる(iOSはアプリの起動しかできない。情報の表示は通知画面になる。Androidは可能だがデザインがあまりよろしくない)。
  • ピンチイン、ピンチアウトは普通に出来る。
  • 戻るボタンがある。タスク切り替えも可能(これはAndroidの方がやりやすい)。

標準アプリ

  • ブラウザは当然ある。デスクトップとブックマークの同期も可能(個人的には不要だが)。
  • 音楽アプリはFLACの再生が出来る(iOSは出来ない。ギャップレス再生が出来る(Androidは出来ない?)。
  • カメラアプリはマニュアルモードがある(iOSはない)。
  • ストアアプリの安全度が高い(Androidは何割がマルウエアだ?)。ただし検索機能が…
  • メールはExchangeもIMAP IDLEも対応している(iOSもAndroidもIMAP IDLEは非対応?)。

といった感じである。
セキュリティパッチがきちんと提供される等、安全面は他のOSより優れていると思うし。
ということで「Windows 10 Mobile、ソフトウェアとしてはダメではないと思う」というのが自分の中での結論。
何か逆転ホームラン的なものはないかなぁw

明日は@Contoso_jpn さんです。12月半ばまでログアウト!?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 5 =