【カーナビ】パイオニアとホンダがデータ連携

パイオニアのスマートループの「リアルタイムプローブデータ」と本田技研工業の「インターナビ・フローティングカーデータ」の相互活用が本日より開始。
パイオニアからのお知らせ
データが増えるのは良いことだね。
その上でどのようなルートを引くかが各社腕の見せ所。
とはいえ、現状では双方ともデータが不正確。
さっき通ってきた道、特に混雑した状態ではないのに
VH9000もインターナビの体験版も混雑の表示。
しかも混雑箇所が微妙に違う。
案内するルートは地図の精度と渋滞情報の確かさをかけたものに探索アルゴリズムの良さを
足すものだろう。
地図の精度は各社共、かなり良くなっているようなので今後は渋滞情報の確かさが
ルート探索の肝となるのではないだろうか。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 3 =