【iPhone 7】DAPとしてみた場合(その3)&付属のEarPodsを試してみる(その2)

DAPとして見た場合のボリュームに関してはfoobar2000のplayback ControlsのVolumeを-12dbとかまで下げるとDACを使用する場合でも刻みを細かく出来る。ただしPodcast等のボリュームは変わらないのでそのあたりは注意が必要。Lightningイヤフォンを使用して設定のミュージックの音量制限であれば全てのアプリに適用されるようなのでDACは諦めるか。所詮、違いはわからないし。
付属のEarPodsに関しては音質は十分だと思う。個人の感想だけど。正しい装着方法は耳に押し込むのではなく引っかける感じかな?コードを軽く真下に引っ張って確認。インナーイヤーやカナル型が耳の中にスピーカーを押し込むのに対して耳のすぐ近くにスピーカーを置く感じか。小型のオープンエア型のヘッドフォンと思った方がいいかも。落ちそうな感じも慣れればそれ程気にならなくなる。リモコンスイッチは便利だが実際にアプリを起動させずにスタートさせるケースは少ない事がわかったのでリモコン必須ではないな、と。そうなるとEHP-CH2000+アダプターでも問題ないことになる。音質的にはEarPodsでも問題ないが方向性として今はEHP-CH2000で聴きたいのでしばらくはEHP-CH2000を使うかな。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − eleven =