Office365のアプリ(Excel等)とOneDriveへのサインイン

今の問題点

いろいろとあって現在の環境は1テナントで
・Office365 Business Premium(アカウントをaとする)
・OneDrive for Business(アカンとをbとする)
と言う状況となっている。
PCにインストールしてあるOfficeアプリはアカウントaである。この状態でアカウントbのOneDriveにドキュメントをアプリで修正しようとすると認証関係でエラーとなる。理由は1テナント=1ドメインであり1ドメインに複数アカウントでサインインが出来ないということによるものと思われる。そもそもアカウントaとアカウントbでデータの共有は考えていなかったので別テナントでもよかったのだがそれだと契約が二つになるなぁ(別に二つでも問題ないはず)と思って1テナントで複数アカウントを作ってしまった。まあ、たまにしか触らないし必要ならばローカルにダウンロードして修正してからアップロードすればいいかと思ったがやはり面倒というか何とかならんかななと思っていろいろと試した。

当面の解決方法

Excelのサインイン状態をよく確認するとアカウントaの他にMSアカウントにもサインインしている。MSアカウントにはExcelの権利はないのでこのサインインはアプリをインストールしたアカウントとは別でも可?と思ってアカウントaをExcelからサインアウトしアカウントbでExcelにサインしたところアカウントbのOneDrive for Businessにあるドキュメントを更新することが出来た。これはこれでいいのだが、これではExcelがアカウントaと繋がらず更新に失敗するのでは?と思ったがExcelのアカウント情報を見るとユーザー情報と製品情報がありユーザー情報はアカウントb、製品情報はアカウントaに所属となっていた。これならアプリの更新も問題なさそうである。

今後どうするか?

しかし、1ドメインに複数アカウントでサインイン出来ないというのはネットワークドライブも片方のアカウントにしか作れないなどいろいろと不便なのでOneDrive for Businessの期限が来たら別テナントに入れ替えようかと思っている。データのコピ-は面倒だが前回使用したrobocopyのスクリプトが残っているから大丈夫だろう。同一テナントにしておけばSharePointでドキュメントの共有が可能だがそもそも共有つもりがないのでそこは出来なくてもいいし、多少手間だがテナント越しの共有も出来ないわけではないので。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten + ten =