【YubiKey】機能の再確認

今使ってるYubiKey 4の機能を再確認してみる。

まず、保管できるキーの数はslot1とslot2の二つ。
使える機能は

Yubico OTP

Yubico社の認証サーバーを使用したカウントアップ法式によるワンタイムパスワード。

OATH-HOTP

OATHのワンタイムパスワード。

Static Password

自分で指定する静的なパスワード。

Challenge-Response

チャレンジレスポンス法式のパスワード。
暗号化にはYubico OTPかHMAC-SHA1が使用できる。

Symantec VIP

標準でslot1に設定されているらしい。よくわからん。

この他に

FIDO U2F

OATH-TOTP

Smart Card(PIV-Compatible)

OpenPGP

といった機能に対応している。後半4つはよくわからん。

ワンタイムパスワードトークンYubiKey |(株)ソフト技研の説明によれば最大で6つの機能を同時に使うことが出来るとある。slot1とslot2に保管するキー2つと後半の4機能で6つか。
後半4つはどういうものかもっと調べないといかんな。
とりあえず、今、slot2はWindowsのログイン認証用にチャレンジレスポンスのパスワードを入れてあるので保存出来るパスワードはslot1のみ。
というところまではわかったつもり。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − thirteen =