MVNOの料金プラン比較

最近、料金プランの比較を行っていなかったけどいろいろとプラン等が増えているのでちょっと比較してみる。
全部は無理なので今使用中とかそれなりに有名なのを対象にして通話込みで。

IIJmio(現在使用中)
基本料金:1,600円(データ通信900円+音声700円)
データ容量:3GB/月
通話定額オプション:600円(3分、回数無制限)又は830円(5分、回数無制限)、いずれもみおふぉんダイアル使用
留守番電話:300円/月
転送電話:無料
料金はシンプルな固定制。

OCNモバイルONE(現在はデータのみ使用中)
基本料金:1,600円(データ通信900円+音声700円)から
データ容量:110MB/日
通話定額オプション:850円(5分、回数無制限)、OCN電話使用。
留守番電話:300円/月
転送電話:無料
高速データ通信が毎日リセットされるのはOCNだけかな。0時を超えたらリセットされるのは便利。
Wi-Fiスポットが82,000箇所使用可。050Plus(IP電話)の基本料が無料(データ通信契約は半額)になる。

mineo(現在はデータ通信のみで使用中)
基本料金:1,400円(データ通信700円+音声700円)から
データ容量:500MB
通話定額オプション:840円(30分)、1,680円(60分)
留守番電話:300円/月
転送電話:無料
データ容量が少ない分、安く使用出来る。他人とのパケットシェアが出来る。
LaLa Call(IP電話)が基本料無料。

FREETEL
基本料金:999円(データ通信299円+音声700円)からの従量制
データ容量:100MB
通話定額オプション:399円(1分、回数無制限)、840円(5分、回数無制限)、FREETELでんわ使用
留守番電話:300円/月
転送電話:無料
月額999円からだが使いすぎると最高で3,170円までいく。参考としてデータ使用量が1GBの場合は1,199円。固定料金も選択できその場合は1,199円/月。
定額制から従量制へのプラン変更は不可。

exciteモバイル(現在は旧プランのデータ通信のみ使用)
基本料金:1,200円(データ通信500円+音声700円)から
データ容量:低速通信200kbpsのみ
通話定額オプション:なし
留守番電話:350円/月
転送電話:無料
高速通信ありの場合は1,330円から3,080円になる。通話定額オプションがないのが惜しい。データ通信のバックグラウンドはIIJmioなので通信状態も同じと思われる。

従量制プランは安く出来るのだが予定以上に使った場合に高くなる。exciteが比較的安めだが通話定額オプションがない。もっとも通話定額オプションは基本料金がかかる。通話料半額はプレフィックスを使用するタイプだがG-Callを使えば基本料無料で使用出来る。G-Callの欠点は固定電話にかけたときに番号が通知されない(海外扱いになるらしくかわりに通話料が非課税になる)のとWebサイトの作りが怪しいwことか。
転送電話の料金を気にしているのは大抵のスマートフォンが留守番電話機能を持っていないため。FUSION IP-Phone SMARTに転送して留守電を使用する。回数が増えると録音時の通話料が嵩むのでその場合は電話会社の留守番電話機能を使う。
回線のバックボーンはドコモなのでエリアは変わらないが混雑度合いは各社がどれだけ詰め込むかなので評判などで確認するしかない。

IIJmioの高速通信を切って使ってみて問題なければexciteモバイルに変えるのもありか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 3 =