Windows 10 Mobileの必要性

Windows 10 Mobileであんなことが出来たらいい、こんなことが出来たらいいという話によくなる。
が、そのやりたい事はMobile OSでないといけないのか?
それぞれのOSの特徴は
デスクトップOS(所謂、普通のWindows)
・何でも出来る。
・バッテリー消費、発熱の対応が必要(OSというよりハードウエア?)。
・Windows Phoneアプリが動かない。
・マルウエア対策が必要。
・電話機能がない。
Windows 10 Mobile
・当然だが電話機能がある。
・バッテリー消費、発熱は抑えられている。
・今のところマルウエア対策は不要。
・UWPアプリ、Windows Phoneアプリしか動かない。
・画面サイズが小さい(OSというより筐体の問題)。
一方でやりたい事は
・電車の中で片手操作。
・現地では大きい画面で表示。
・可能な限りデスクトップOSを同じ動作。
Mobile OSでそれをやりたいのか、その筐体でやりたいのか?
UWPでワンバイナリ化が進んでいるしMobile OSに無理に機能を追加するよりデスクトップOSの省電力化を進めた方が早くないだろか?
MSのロードマップってどうなっていたっけ?このままMobile OSは続くんだっけ?
省電力化にはハードウエア側の対応も必須なのでAtomの開発が止まってしまったのは痛いところではあるが。

みんなF-07C好きでしょ?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 13 =