【Windows 10 Mobile】続々と発売

Windows 10 Mobileが続々と発売される。
まずfreetelがKATAN01の11月25日の発売をリリース。ただしお届けは11月30日より。なんでそんな表現なの?と思ったら深夜にYAMADAが11月28日にEveryPhoneを発売するという情報が。ここは本当に突然だった。だからfreetelは11月25日発売という表現を使用したのか。一応は日本で最初にWindows 10 Mobileを発売したのはfreetelということなのか?そしてかねてからMADOSMAを販売していたマウスコンピューターが店頭でのアップグレードを11月27日より開始。結局、Windows 10 Mobileがユーザーの手に渡ったのはMADOSMA→EveryPhone→KATANA01の順に。

MADOSMA
おそらくは日本におけるWindows 10 Mobileのスタンダード。これから出てくる機種はMADOSMAと比べて云々という比較をされるだろう。

EveryPhone
SoCはMADOSMAと同じSnapdragon410。Windows 10 Mobileのプリインストールは当初Snapdragon210(と610?)だけと言われていたのに何で?というこだったが条件付きで許可された模様。ディスプレイが5.5インチとMADOSMAより一回り大きい。YAMADAアプリがプリインストールされていてアンインストールできないらしいアンインストール可能らしい

KATANA01
SoCがSnapdragon210とMADOSMA、EveryPhoneに比べてワンランク落ちる。ディスプレイも4.5インチと小さい。もっともその分、安価で当初19,800円と発表されていたものが発売時に12,800円に変更。とりあえずWindows 10 Mobileを使ってみたいという人もお求め易く。もっともローエンドだと実力が発揮出来ずに評価されるのでよろしくない、という意見もあった。個人的にはテスト用端末として1台調達。ローエンドモデルでパフォーマンスに問題がなければ他の機種でも大丈夫と判断できるから。とはいえ最近の端末は大きすぎると思っている人にとっては4.5インチはちょうどいいサイズなのでそういった面からも評価されるだろう。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × one =