Office 365 SoloとOffice 365 Business

Office 365 SoloとOffice 365 Business。どちらも契約すると最新のOfficeを使用出来るというもの。大きな違いはSoloは個人向け、Businessは企業向けという点。とは言っても個人でも普通にBusinessの契約は出来る。それでは機能面での違いはどうなっているのか。

Office 365 Solo

– Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Accessが使用可能。
– 2台のPCまたはMac、2台のタブレット(iPad および Android タブレットを含む)、および2台のスマートフォンで使用可能。
– OneDriveが1TB使用可能。
– Skypeの60分通話プラン(130円/月相当)が使用可能。
– 料金は12,744円/年(割高だが月額契約もあり)

Office 365 Business

– Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisherが使用可能。Accessは使用できない。
– 5台のPCまたはMac、5台のタブレット、および5台のスマートフォンで使用可能。
– OneDrive for Businessが1TB使用可能。
– 料金は10,800円/年(割高だが月額契約もあり)

機能面ではAccessが使用出来るかどうかが大きく異なる。Businessでは5台のマシンが使用可能だがそんなに使う人いるのか?まあ、拠点毎にPCがあるようなケースはありそうだが個人で使用するぶんには通常はデスクトップ1台、ノートPC1台で足りそう。
OneDriveは通常のものとfor Businessは似て非なる物。そのあたりはOneDrive, OneDrive for Business, Office 365, SharePoint の違いは – ビジネスプロダクティビティ製品チーム – Site Home – TechNet Blogsに詳しく書かれているが、簡単に言ってしまえば通常のOneDriveはみんなで共有している無料クラウドストレージ、for Businessは企業がアウトソース契約をするクラウドストレージ。バックアップやデータの内容に関する考えが根本的にことなる。ただ通常の使い勝手はfor Businessではない方がよいと思う。また、Businessには有料でExchange Onlineを追加することが出来る。これはOutlook.comと同じようなメールや予定表のサービスだがこちらも無料サービスと企業の契約レベルの違いがある。一番の違いはメールアドレスに独自ドメインを使用出来るか否だろう。
OneDrive不要、Access不要、Skype不要という人はSoloよりもBusinessの方が安くないか?OneDriveも15GBは無料で使用出来るし。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − 6 =