個人で法人向けOffice 365を使用する理由

法人向けOffice 365を使い始めて1年が経った。
過去にも何度か書いた気もするが改めてその理由を書いてみる。
Office 365は個人向けのOffice 365 Soloと法人向けのOffice 365 Business/Enterpriseがある。
個人向けのOffice 365はOfficeアプリ+OneDrive、法人向けのOffice 365はExchange+Officeアプリ+OneDrive for Businessとなる。個人用Office 365にOutlook.comを組み合わせれば機能としてはほぼ同等のものになる。
では、何故法人用のOffice 365をしようするのか?
そもそも1年前は個人用のOffice 365は存在せずOutlook.comとExchange Onlineが比較の最大の理由だった。
両者の最大の違いはOutlook.comが一般消費者向けクラウドでExchange Onlineが企業向けクラウドであるということ。両者の違いに関しては「一般消費者向けクラウドと企業向けクラウドの本質的な違い – ビジネスプロダクティビティ製品チーム – Site Home – TechNet Blogs」に詳しく書いてある。この記事では企業が一般消費者向けクラウドを使用することを問題にしているがその問題は利用者が個人であっても起こりえること。某企業と違い広告収入をあてにしているわけではないMSは積極的に中の情報を解析はしないだろうが、もともとは他人と情報の共有を行うことを目的としたシステムでは、誤った操作により情報が世界中に公開されるリスクは企業内の閉じた環境を維持することを目的としたシステムより高いと言える。自分の電話番号やメールアドレスが勝手に公開されていたらいい気分はしないだろう。自分としてもそのようなことを行ってしまうことを極力避けたいのだ。
そこで行き着いたのがExchange OnlineでありExchange Onlineを含んでいるOffice 365ということになる。加えて当時、Officeのサポートが切れていて何とかしないとまずいということから最新のOfficeアプリが使えるOffice 365 Small Business Premiumを契約した。
個人向けのOffice 365 Soloが出た現在でも個人向けOffice 365を使用するか法人向けOffice 365を使用するかというのはOutlook.com+OneDriveを使用するかExchange Online+OneDrive for Businessを使用するかということになる。
法人向けのOffice 365が値上げ予定ということもあり、両者を組み合わせるという選択肢もありかと考えている。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − one =