データの保管場所

この話題も過去に何度か書いたけど答えが出てないような。
自分の考えを整理する意味で書いてみる。

保管場所として考えられるのは
1.PC本体
2.自宅サーバー
3.外付けHDD
4.レンタルサーバー
5.OneDriveのような無料・共用型ストレージ
6.OneDrive for Businessのような有料・企業向けストレージ
想定りすくとしては
a.破損
b.火災
c.紛失・盗難
d.侵入
e.意図しない公開
各種リスクに対して1、2、3は1つのグループとして考えてもよく1-aを回避する為に2、3、4以降を使う。ただし、b、cに対してはほぼ無効である(3を耐火金庫へというのはあるが)。
一方で4、5、6に関してはdのリスクが高く、4、5は更にeのリスクもある。6は企業内での使用が前提なので公開にはそれなりの手順が必要なためeのリスクはほぼないと考えられる。
また1から5はそこを保管場所とした場合、バックを考える必要がある。6はバックアップはデータセンター側で行うのでこちらで行う必要がない。そうなると普段から6をストレージとして使ってしまえ?
ただ、OneDrive for Business、二段階認証がないようでID、パスワードが漏れるとまずそう。企業の場合、どうやっているんだろう?
また、今回これを考えるきっかけになったのはメールのバックアップにえらい時間がかかったので何とかならないかというもの。メールだけであればすべてoutlook.com等に保管してローカルには持たない、と考えを改める必要があるか?
そもそもメールをPCにダウンロードする理由というのはメールサーバー側の容量が少なく、また1ヶ月で削除等の条件があるため。その辺りがクリアされればサーバー側に置いた方が先程のaからcのリスクを考えなくて済む。もっともd、eのリスクは残るが。まあ、メールなんてd、eのリスクは元からあるのだからあまり考えてもしかたないのか。
とりあえずメールに関しては、
・Webメールを使用するものとしてPCにダウンロードしない。
・メールの保存先をネットワークドライブにする。
で考えてみるか。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 7 =