【JBL Pebbles】購入

動機

モニター付属のスピーカーのあまりの音の悪さに急遽、昔使っていたアクティブスピーカーを引っ張り出したもののACアダプター邪魔だし、ということでスピーカー物色していたら、JBL Pebblesなるものが引っかかった。
icon
icon
このスピーカー
・電源はUSB
・しかもDAC搭載
・さらに、あの「JBL」ブランド
・そして価格は5,000円前後

・コンセント不足の解消
・DACを使っているという満足感
・JBLと言ったらスピーカー界のフェラーリと言うほどのブランド力(←おっさんだw)
・安い!
と文句なしの品物。昨年、発売が開始されているがレビューもほとんどが好意的な物。
ということで、我慢出来ずにポチっとな。
現時点ではビックカメラ/ソフマップが最安っぽいが在庫がない我慢出来ないので楽天で購入。Amazonの方が安かった?

実際、DACなんて単品でも1万円くらいする(その分、高性能だったりするが)。
出来るだけ安く、なるべくいい音を、と考えた場合、JBL Pebblesはいい線だと思う。

開封の儀

…は、省略w

設置

早速、置いてみた
2014082901
意外と大きい。なお、横に倒して置くことも出来るのでモニターをもう少し高くして画面下に押し込むのもありかも。
質感も悪くない。
音の方はたぶん、いいんだろうけど自分の耳はそこまでw
ということでプロのレビューはこんな感じ。
カタツムリでも音は正統派、JBL「PEBBLES」を聴く
実際、聴いた感じでは素直な音っていえばいいのかな。音量は小さめで聴く方なので低音はそれ程感じないが、中高音はよく出ていると思う。まあ、このサイズでは変に低音に拘らない方が良いと思う。

もっといい音で聴きたい

そりゃ、自分の耳じゃわからないかも知れないができるだけいい音で聴きたいと思うのが人の欲望w
調べてみたらこんな記事があった。
第528回:「Windowsオーディオエンジンで音質劣化」を検証
~ASIO/WASAPI利用時と比較。劣化回避の方法は? ~

Windowsの標準のオーディオアウトプットは音が悪いらしい。WASAPIという出力方法だと音を悪くする部分をスキップするので音が良くなるらしい。
WASAPIが使えるアプリとしてfoobar2000というのがよく出てくるがあまりアプリは増やしたくない。手持ちのアプリでWASAPIが使えるか調べてみるとx-アプリが対応していた。早速、設定してみる。特に難しい設定はなく出力フォーマットもおまかせで問題なかった。
音の評価を自分の耳でしても信憑性がないがたぶんよくなっているのだろう。こういうの別の環境にしたときによくわかるんだけどね。
WASAPIにした場合の問題は音量のコントロールが細かく出来ないこと。前に述べたように音は小さめで聞くのでボリュームは2で十分。こうなるとスピーカー側にボリュームコントロールが欲しくなるがそれはそれで音が劣化する原因だしね。これ以上、拘り出すと底なし沼なのでほどほどのところで手打ちとする。

とにかく、JBL Pebbles、お手軽にいい音にするにはいいものだと思う。ノートPCで音をよくしたい人、モニタのスピーカーで我慢を強いられている人は検討の価値あり。
なお、アナログ入力端子があるのでスマフォのヘッドフォン出力からスピーカーに繋ぐことも可能。アナログ入力を繋ぐと音はそちらが優先され電源だけUSBから取る形になる。ケーブルは付属していた。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + ten =