スマートフォンの通話料節約術

前に書いた記事と大差ないのだがタイトルで釣ってみるw

スマートフォンの通話料金、LTE機だと無料通話のないプランとなってしまう。しかも通話料は21円/30秒と従来の最低基本料プランと同等。従来のプランなら25分程度の無料通話がついていたので実は結構な実質値上げ。ではどうすれば節約できるか。
1.IP電話を使う。
2.プレフィックスルコールを使う。
3.無料通話アプリを使う。

1に関しては050plusとFUSION IP-Phone SMARTが有名。
2に関してはG-Call、そして楽天が楽天でんわを開始。固定電話で昔からあるマイラインの携帯版。
3に関してはLINE等があるが同一アプリ間でしか通話ができないので今回は除外。ただしSkypeは外部へかけられるので今回の記事の対象とする。

比較

プラン 基本料 国内通話料 制限事項等
050plus 315円/月 携帯宛16.8円/1分
固定宛8.4円/3分
着信転送不可
FUSION IP-Phone SMART 0円 一律8.4円/30秒 12ヶ月請求のない場合、契約解除の可能性あり
G-Call 0円 一律10円/30秒 固定宛は番号通知不可。
Skype月額プラン 130円(60分)/月 固定宛のみ2.167円/分 番号通知不可。
着信用電話番号は別料金。

050plusは固定宛は安いものの携帯宛は課金単位が1分になる。基本料金も必要。G-CallはIP電話系より若干高いが回線交換なので通話品質は通常の電話回線と同じ。Skypeは携帯宛にかけられるプランもあるが基本料が400円/月なのと通話料も6.667円/1分なのであまりメリットを感じられない。
こうしてみると通話料が若干高いもののG-Callが一番いいかもしれない。欠点はG-Callのサイト、米とかカニとか売っていて何がメインかよくわからない事かw


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 17 =