グアムでプリペイドSIMを購入

前の記事でも書いたがグアムでプリペイドSIMを購入した。

場所はマイクロネシアモールのDOCOMO Pacific
本来は2Fのセンターに店があるのだが現在は改装中で1Fの端っこで営業中。
午前中に一度行ったのだが店の外の椅子に現地の地元っぽい人達が座って順番待ちしてるし、なんか変に高級感があって入り辛かったので一端退却(小心者ですw)。GPOの店舗に行こうと思ったが遠いので見送り。しかし、通信出来ないと不便だし3日間のプリペイドなので初日に契約しないと勿体ないし。で、午後に再度訪問。今度は待っている人はいなかった。あれは料金を支払いに来た人達のようである。

入ろうとすると向こうから声をかけてきた。まず、正面のカウンターに行き、プリペイドSIMが欲しいと言うと名前を聞かれる。ツアーとかで貰う名前入りのカードを見せるのが楽。なければパスポートでもいいかも。
そこの椅子で待っててと言われ座っていると30秒と待たずに、あっちのカウンターへと言われる。
カウンターに座ってもう一度プリペイドSIMが欲しいと伝え、電話機(Lumia800)を渡す。
お姉さんがテスト用のSIMを刺して利用可能かチェック。800のSIMの出し入れは少し慣れが必要なのでチョコチョコとお手伝い。ちょっと反応が悪かったらしく、最初は使えないみたいな事を言われたのでLumia920を渡そうとしたら、800が無事、電波を掴んだようでOKとなった。
そこで、再度プランを確認されるのでUNLIの3days、8ドルのプランというとこんなカタログを使いながら確認。
2013090101
支払い(今回は現金)をするとそのまま、発行手続き・プランの設定(SMSでの登録)までやってくれた。ここでもSMSのアイコンが分からなかったようなのでお手伝い。最後にSIMの台座に電話番号を書いてくれて、電話機・SIMの台座をもらって終了。プリペイドカードは貰わなかったな。
Lumiaに残ってたSMS
2013090102
2013090103
2013090104
料金はSIM代が9.95ドル、プリペイドカードが10ドルで合計19.95ドル。UNLIの3daysは8ドルなので2ドル余っているはずだがプリペイドカードないし、有効期限(あるのか?)にもう一度グアムに行く事もないからいいか。
これでグアム内での通話、SMS、通信がフリーな端末が出来上がり。ワールドウィングやグローバルパスポート宛は別料金と思われるので現地で通話、SMSを使用するなら複数台の電話機が必要。
一度プランの設定をして貰えばそのSIMを他の電話機に移してもOK。データ通信の設定内容はAPNにinternet だけ。昔は色々と設定が必要だったようだが現在、このプランであればこれだけ。Lumia920でもiPad 3rdでも使えた。
手間とか電話機の調達を考えた場合、ローミングとどっちがいいかは微妙だが現地で同行者同士での通話をするのであればSIMを入手した方がいいんじゃないかなぁ…
通信速度は前の記事でも書いたけどW-CDMAで1Mbps、GSMで100kbps程度。W-CDMA850MHzが使える端末があった方がいい(Lumia920はOK、Lumia800はW-CDMA850MHz非対応)。

ポイント
・W-CDMA 850MHzかGSM 1900MHzに対応したSIMフリーの「電話機」が必要。先に書いたようにSMSで設定作業を行うのでWi-Fiルーターでは不可。
・キーボードは英語、SMSの扱いがスムーズに出来るようにしておく。Windows Phoneの場合、メッセージングのタイルをホームスクリーンに出しておいた方がいい。
・何故か電話機では電話番号を確認できないので台座は無くさないように。まあ、通話しないなら関係ないけど。
・向こうのスマホはiPhoneかGalaxyって感じなので、この2機種ならスムースに行くかも。
・日本語はたぶん通じない。プリペイドSIM、UNLI、3days、8ドル、OK位は言えるようにしておく。
・今回のお姉さんは携帯電話好きだった模様。920か900持ってたのかも。その辺の会話をする語学力は自分にはなかったw
・自己責任でお願いします。うまく購入出来なかったとか言われても当方は一切、責任を持てませんので。

おまけ。
SIMフリーの電話機ならEXPANSYSでどうぞ。
在庫があれば発注の翌々日には到着。FedExは電話しないと宅配BOX使ってくれないのがちょっと…
エクスパンシス


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + 18 =