【Lumia920、IS12T、EX-ZR100】分解能チャート撮影(その2)

それぞれの撮影結果を等倍で見てみた。
ターゲットの左上部分、左からZR100、Lumia920、IS12T。
2013072101
前回、IS12Tを褒めたのだが、この位置は残念ながらボケてる。
Lumiaは記録サイズが小さめなので画像もやや小さい。

ターゲットの中央。
2013072102
ここはIS12Tも綺麗に写ってる。ZR100がボケ気味か。

ターゲットの右下。
2013072103
ZR100とIS12Tがボケ気味。

ターゲットのチャートがきちんと平面にセット出来てないし、レンズの水平・垂直も正しく取れてないので参考程度だが、IS12Tは中心部分は良く撮れているが周辺部分は甘め。ZR100も同様。それに対してLumia920は全体にきちんと分解出来てる。さすがはカールツァイスといったところか。
もう条件をちゃんとしないとダメだな。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − ten =