【Lumia920、IS12T、EX-ZR100】分解能チャート撮影

分解能チャートを撮影してみた。
プリンター(EP-802A)で等倍で印刷したもの。
レンズ先端からの距離は約23cm。
水平・垂直とかもきちんと取れてないので参考程度に。
プロはどうやって取るんだろ?やっぱり固定用の台とか使うのかな。
画像クリックすると元画像が表示される。

まずはLumia920
2013071801_Lumia920

続いてIS12T
2013071802_IS12T

EX-ZR100(640×480)
2013071803_ZR100_640

EX-ZR100(4000×3000)
2013071804_ZR100_4000

あれ?ZR100、ズームしちゃったかな?本来一番広角なはず。明日、取り直そう。
広角側はパッと見、区別付かないな。
Lumiaは4:3で設定保存した方がいいかな?

(追加)
Lumia920(4:3)
2013071805_Lumia920

EX-ZR100(4000×3000 24mm)
2013071806_ZR100

(追加その2)
EX-ZR100(4000×3000)カメラをターゲットに近づけてサイズを合わせる。
2013071807_ZR100

比較
2013071808_hikaku

今回、比較してみてIS12Tのカメラを見直した。
発色が地味なので性能悪い?と思ったがディスプレイ上で同サイズまで拡大すると一番綺麗である。
理由としてはIS12Tが今回のカメラの中で一番ピクセル数が多く、拡大率が小さいからかな。
それでも、そのピクセル数にきちんと記録出来るレンズ、画像処理はたいした物。
絵の綺麗さではなく正確さを要求される場合は多ピクセルが有利か。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + eleven =