月別アーカイブ: 2017年1月

【Acer Liquid Jade Primo】ドックはこんな感じ

Jade Primoにはドックやマウス、キーボードが付属しいてる。

ドックの梱包物


スコッチのシールのようなものは滑り止めパッドらしい。


電源アダプターはコンセント部が分離式になっているので販売国毎にそこだけ変えることによってコストダウンをねらったか。

電話との接続

電話を刺すときはほとんど力を入れる必要がなくカチッといった感じで嵌まる。しかし電話を抜くときは結構力が必要。ドックの問題というよりJade PrimoのUSB端子の問題か。ドックにはUSB2.0x2とUSB3.0、HDMI、電源のポートがある。なるほど、付属のマウス、キーボードはワイヤレスなのでUSB端子にレシーバーを刺して使うのか。

ドックの問題点

このドックを使用すると帰ってきて電話を刺すだけでPCライクな使い方が出来る。電話機だけで過ごしているならそれでもいいだろうが自分の場合はPCもある。一つのディスプレイの前にマウスとキーボードが2セットというのは勘弁して欲しい。また、エバンジェリストの高橋さんもAcer Jade Primo ご紹介というビデオの中でドックを各拠点に置いて、と言っていてそれは全くもって同意なのだがドック単体での入手方法が不明である。日本のAmazon、量販店のオンラインストアで見つけられなかった。ダイワボウのルートなら入手は出来るかもしれないが法人向けなので個人では厳しいか。コンセント部にしても各国版が欲しい。なので自宅(もしくはヘビー使用する場所)ではドックをHDMI接続と充電用に使用しマウス、キーボードは自宅用は接続先の切替が可能なBT接続の物、移動用は携帯用のBTマウス、キーボードとType-C/HDMI変換ケーブルを持ち歩くというのが現実的か。コスト的に厳しいな。それからPC周辺のACの空き状態を考えるとドックの充電はACアダプターではなくUSBがよかったのではないか。

Continuum自体に感じている個人的な問題点

そもそも個人的にはContinuum自体に否定的で、特に自宅ではPCがあるのに電話機をディスプレイに繋いでどうするというのがある。ブラウザやOfficeアプリケーションの機能がPCの一部しかない状態なのでPCは持たないという人しか今のContinuumでは使う意味がないだろう。ARM版フルWindowsが出たときがContinuumの真価を発揮するのではないだろうか。その場合、開発作業やエンコード作業をする人以外はPCが不要になりそうである。それはそれでMSおよびPCメーカーは大丈夫?という気もするが。

Pocket

【Acer Liquid Jade Primo】少し使用してみて

Jade Primo、2日ほど使用した感想。
まず前提条件としてInsider Previewの14965.1001を適用している。ファームは購入時の1078.241.00000.32900から1078.241.00000.32800に下がってる。WDRTで初期化をしたら下がったまま。OTAでも提供されていない模様。Insider Previewを適用した理由としてはナビゲーションバーのバイブレーションを止めたいのとCovia ZEAL(USB-DAC)をUSB Audio 2.0で使用したいため。何故、ZEALを使いたいかというとイヤホンのケーブルが下側から出ることになるので端末操作の邪魔にならないから。

液晶

とても綺麗。やはり有機ELの発色は好きだ。

レスポンス

他の端末でも気になったことはないという感覚で、特に問題なし。スタート画面に戻るとき等、若干反応が早いかな。

オーディオ

音は華やかな気がする。まあ糞耳なのであまりあてにならないが。NuAns NEOで出ていた音切れは発生しない。USBのバージョンの違いかCPUパワーの違いかは不明。音量は少し大きめか。

写真



1枚目は単にシャッターを押した物。2枚目は真ん中の赤い看板に焦点を合わせたもの。
同じようにしてNuAns NEOでも撮影してみた。


ピクセルサイズははJade Primoの方が大きいがファイルサイズはNuAns NEOの方が大きい。Jpegの圧縮率の問題か。

バッテリー

結構持つ。やはりアイドリング時の消費が少ないのが大きい。Snapdragon617はQualcommとMicrosoftでもう少し詰めた方がいいのでは。

ちょっと問題なところ

  • Anniversary Updateが適用されてない。Insider Previewを強行しているせいか少し不安定。特に機能の初回使用時は問題が出やすい。ただし2回目以降は問題なし?
  • ZEALを使っている最中にコネクタ部に力がかかる等してノイズが入った場合、Grooveミュージックの再生が止まり電源のオフ・オンをしないと再開出来なくなる。
  • その再起動の際、ZEALを接続したままだとOSが起動しない。これは不具合というより受電中は電源ボタンによる再起動時はNGという仕様から来ていると思われる。ただし外さなければならないのが面倒であることには違いがない。
  • リセットすると日本語キーボードが消えてしまうのでWDRTで戻す必要がある。
  • FMラジオに対応していない。
  • 液晶の設定が上下逆?なのでPC接続した際に上下逆になる。Continuumのときにどうなるかは不明。
  • 対応バンドが国内で使えるのは1と3だけ。

もう少し不安定かと思ったがいざ書き出してみると割と安定していた。ZEALに関してはType-Cへの変換コードが固いのが問題の一因だがコードのないコネクタがCoviaより出たのでそれを調達。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Covia USB Type-C Micro USB 変換アダプタ【メール便送料無料】
価格:496円(税込、送料別) (2017/1/10時点)

さて、この後どうするか。Insider PreviewをやめてZEALのファームウエアを1.1に落としてナビゲーションバーのバイブレーションは我慢してみるか。
MADOSMAほど優等生ではないがそれなりに楽しめる端末かな。
まだ安売りしてる。
e-TREND|エイサー Liquid Jade Primo JPS58 (W10M/MSM8992)

Pocket