【カメラ対決 IS12T N-06C】夜景と方眼紙

最近、IS12Tのカメラが気になったのでN-06Cと比べてみた。
スペックをおさらいすると、
IS12T:1320万画素
N-06C:510万画素CMOS

まずは少し明るい都心。モードはオート。
20120911_IS12T01
IS12T

20120911_N06C01
N-06C
N-06Cはピントがどこにも合っていない。明るさもない。写し方に問題があるのだろうか?IS12Tはそれなりに見れる。

N-06Cリベンジ。今度はちゃんとオートフォーカスon(9/13)
20120911_N06C05
IS12Tより色が鮮やか。IS12Tは地味。

街灯しかない郊外。モードは夜景。
20120911_IS12T02
IS12T

20120911_N06C02
N-06C
今度はN-06Cもよく写ってる。ただ少し明るすぎか?逆にIS12Tは少し暗いかな。
改めて確認したらN-06Cの方が実際に近かった。

方眼紙。モードは標準。
20120911_IS12T03
IS12T

20120911_N06C03
N-06C
線がまっすぐになっていないのは平行が出せていないから。ここは1320万画素と510万画素の違いが鮮明に出たのか。N-06Cのピントも甘いか。IS12Tはシャッターボタン半押しでピント合わせが出来るがN-06Cはシャッターボタンがないのでピント合わせは出来ない。やり方あるのか?
こうして見るとIS12TのカメラはN-06Cよりはいいようだ。
これにLumiaが加わる日はくるのか(^^ゞ

N-06Cのオートフォーカスがoffになっていたことが判明。onにして撮った方眼紙がこれ。
20120911_N06C04
さっきより距離が近いかな?けど非常に綺麗に撮れてる。
対決やり直しだなぁ


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × three =