IS12Tの価格

IS12Tの価格が発表になっている。新規・機種変73,500円、MNP57,750円。
さて、これは妥当な価格であろうか?
少し前に携帯電話の価格に関して、PCに匹敵するようなモノが0円や1円というのはおかしな価格で数万円するのが当然という話になっていた。
これに関しては異論はない。
ただ、最近のスマートフォン全体の価格と「実質価格」のことを考えるとどうなんだろう、と思う。

・WindowsPhoneの価格だが海外SIMフリー版では3万円から5万円程度である。
 IS12Tはメモリやカメラ、防水等の点で上回るのでそれらよりは高いのかもしれない。
・通常の携帯電話に比べボタン類の少ないスマートフォンは原価が安いはずである。
 金型や組み立てコスト不良品の発生率等、パーツの少ないスマートフォンの方が有利。
・実売価格は3万5千円。
 この実売価格というもの、とても本来の価格を判りにくくする。本当の価格が1万円のものにたいして100万円の定価をつけ、キャッシュバックがあるので実売価格は1万円です、とやると本当の価格が判らなくなる。現に他キャリアで6万円のものの同等品に9万円の定価をつけているキャリアもある。そして縛るためとはいえそんなにキャッシュバックを行っていたら儲けがなくなってしまう。と、なると定価にはそれなりに色がつけられていると思う。
以上のことを考慮するとIS12Tの価格、本来は5万円程度なのではないかと思う。そして、それはIS12Tに限らず最近のスマートフォン全体に言えるのではないかと。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × five =