【HYBRID W-ZERO3】実はExchange接続のバッテリー消費はそれほど悪くない?

Exchange接続のバッテリー消費に関して調べていたらこんなのを見つけた。
Microsoft が導入したモバイル メッセージング : セキュリティ、管理容易性、ユーザー エクスペリエンスを高める
この中にバッテリー消費に関する分析があるのだが「待機中に消費する電力はごく少量」との記述がある。
ネットワークの常時接続=バッテリーを消費する、単純に考えていたが通信を行っていない時のバッテリー消費ってどうなんだろ?
ネットワーク接続をしていない場合だった、回線としては基地局との接続を維持しているのだから、もしかしてそれにチョット上乗せする程度しか変わらないのでは?
試しにActiveSyncを常時接続にしてみたのだが、2時間程度ではあまり差が出なかった。
待機中に消費する以上に接続した際に一気に使うので待機中の消費を気にしてもあまり意味がないかも。
3Gをオンにしているだけでそこそこ消費するし。
ちなみにPHS接続で差があるかどうかは不明。
WMも3Gをベースに考えているからねぇ。

7.3追記
朝から常時接続にしていると結構、差が出る。1%/時間としても10時間で10%の違いになるからね。
やはり、ピンポイントで常時接続にするか、適当に充電しないと厳しいな。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 15 =