【ウィルコム】「だれとでも定額」を開始

ウィルコムが「だれとでも定額」を12月3日より開始する。
あれ?以前は「誰とでも定額」だったような・・・。
まあ、それはどうでもいいとして、「だれとでも定額」の内容は、
・月額980円のオプション。
 なので、現在の通話料が980円に満たない人はあまり意味がないかも。
・オプションを付けられる基本プランは、新ウィルコム定額プラン(月額2,900円)か新ウィルコム定額プランS(月額1,450)。
・他社携帯、固定電話宛の通話が1回10分まで無料。
・無料となるのは月500回まで。
・1回の通話が10分を超える場合、超えた部分に対して料金コースに応じた通話料。
 携帯宛の場合、定額プランは13.125円/30秒。定額プランSは21円/30秒。
・月500回を超える通話は21円/30秒。
・着信転送サービスの通話料は無料の対象外。
・月500回を超えた場合の10分以内の通話は「料金定額経過通知サービス」や「セーフティプラン」の対象外。W-VALUE割引も対象外。つまり無料を狙って回数をかけすぎてオーバーした分は徹底的に徴収するぞ、と。
・基本プランが定額プランと定額プランSなのでメールとウィルコム宛通話は無料。
・Webは0円~2,800円
・W-SIM機は申し込み不可(既存ユーザーは2/28までは受付)。

1日20回位、10分以内の通話をする人は定額プランで2,900円+980円の3,880円で通話とメールが全てまかなえる計算。
通話とメールはウィルコムにして携帯はワンセグ、おサイフ、ゲームに特化という使い方もあり?
というか今の携帯に求められているものって電話機の機能とかけ離れてる。
電話機はウィルコムでそれ以外を携帯と考えた方がいいのかも。

また、新端末、HONEY BEE 4/WX350Kも12月3日発売予定。
HONEY BEEシリーズは若い女性に人気があるようで、電車でも結構見かける。
ウィルコムストア

だれとでも定額

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 4 =