ドコモから新スマートフォン LYNX 3D SH-03C、REGZA Phone T-01C、Optimus chat L-04C発表

ドコモから新スマートフォン LYNX 3D SH-03C、REGZA Phone T-01C、Optimus chat L-04Cが発表された。

LYNX 3D SH-03C
シャープ製
3.8インチ480x800NEWモバイルASV液晶65,536色。
3D、おサイフ、ワンセグ、赤外線対応。
950万画素カメラ。
123x62x13.4、140g。
連続通話時間/待受時間270分/410時間。
12月発売予定。

REGZA Phone T-01C
東芝製
4.0インチ480x854TFT液晶262,144色。
防水、おサイフ、ワンセグ、赤外線対応。
1200万画素カメラ。
126x62x11.9(最厚部14.7)、149g。
連続通話時間/待受時間280分/370時間。
2010年末~2011年初発売予定。

Optimus chat L-04C
LG製
3.2インチ320x480TFT液晶65,536色。
QWERTYキーボード。
320万画素カメラ。
116x58x15.3、149g。
連続通話時間/待受時間340分/340時間。
2011年2月発売予定。

SH-03C、T-01Cは普通の携帯からの乗り換えを意識した端末。
L-04Cはグローバルスタンダード。
L-04Cキーボードはいいがディスプレイが残念。
サイズがほとんど変わらないのでT-01Cかな。ちょっと重いけど。
デザインはSH-03Cの方が好まれるか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × one =