【HYBRID W-ZERO3】外部充電環境

HYBRID W-ZERO3の電池、割と持ちがよくない。
外出時の電源確保を何とかしたいのだが割と難しい。

一つは予備バッテリー+単体の充電器。
ただし純正の予備バッテリーは在庫切れが多く入手が困難なためサードパーティー製となる。
そしてこの組み合わせの場合、HYBRID W-ZERO3にしか使えず、使用時は電池交換となるため一度電源を切る必要がある。使っていて電池が残り少なくなった場合は辛いモノがある。

もう一つは外部バッテリー+USB充電ケーブルの組み合わせ。
eneloopの新型が10/21に発売されている。
特徴は1A出力が出来ることで本体利用中も充電ができるはず。
(ただ、これに関しては情報が錯綜しているので少し様子見が必要か。)
HYBRID W-ZERO3は充電時に1Aを要求するので電源側が厳しい。
通常の外部バッテリーでは出力が足らずに電源を落として充電することになる。
メリットとしてはバッテリ容量が減ってきた際に接続することができるので電源を落とすことなく継続利用可能。
また、USB出力なので他の機器にも利用可能。
1Aで2時間ということなので容量は2000mAhか?内蔵バッテリ1.5回分位の容量はある。
デメリットとしてはチョット高いのと乾電池型ではないのでコンビニなどで手軽に調達できず、eneloop自体の電源切れ時はACもしくはUSB電源が必要。そのような条件ならHYBRID W-ZERO3に直接充電した方が早い。
もう少し悩もう(^^ゞ


単体充電器

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 16 =