ソフトバンク〝大誤算〟 ウィルコム全面支援で410億円の借金背負う

ソフトバンク〝大誤算〟 ウィルコム全面支援で410億円の借金背負う
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100804/bsb1008040501000-n1.htm

ふーん、今回の件はソフトバンクにしても誤算なのか。
今回の件、「PHS利用者保護のために通信会社の協力が不可欠と判断」した管財人が問題だと思う。
一事業者が複数の回線を運営するのは無理なことは、DDIポケットやtu-kaを見ていれば明らかなわけで、ソフトバンクもウィルコム=PHSを残すことはしないだろう。
ウィルコムを存続させたところでソフトバンクの邪魔にしかならない。
医療関係者には出力を抑えられる専用端末でも提供した方が安上がりだと思われる。
結局、PHSは消滅してしまう。「顧客保護」になっていない。

同業他社に支援を求めるのは技術的に問題がある場合で、ウィルコムの場合は金なので、支援を求めるならメーカーや地上通信系だろう。
携帯電話会社に支援を要請するのであれば接続料関連か。

ソフトバンクとしては余分な負担を背負わされた。メリットとしては契約者を巻き取れることか。
しかし、現在ウィルコムを使っている人はそれなりに理由があってウィルコムを使っているわけで、そう簡単にはソフトバンクに移らないのでは?
よくて半分、まあ1/3ってところかな。

ユーザーにしてもウィルコムがなくなってしまうので他の電話会社に移る必要がある。しかも070は持ち歩けないだろう。

結局、誰もいい思いをできない最悪の選択肢だ。
あ、破産管財人は仕事が早く終わってラッキーってか?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 4 =