【日本通信】「b-mobileSIM」を4月5日より発売

日本通信がドコモの3G網を使用したデータ通信専用SIMカード「b-mobileSIM」を4月5日より発売する。
プレスリリースのページ

どういうものかというと、いわゆる携帯のSIMカードのみ。
しかもデータ通信専用。
使い方はHYBRID W-ZERO3のようにSIMロックがかかっていない端末に刺して通信を行う。
使っている電波はドコモだがお金は日本通信に支払う。
日本通信はドコモ以外の電話会社からも回線をまとめて仕入れて、小売しているいわゆるMVNOを昔から行っている。
ウィルコムの回線を使用した商品も扱っている。

今回の商品は300kbps超のベストエフォート(って変な言い方。どうも上限が300kbpsらしい)で1ヶ月パッケージで月額2,980円。6ヶ月、1年のパッケージもあり。
プロトコルの制限等は現時点で不明。
HYBRID W-ZERO3は3Gで公式サイトに入れなくなってしまったのでこちらでもいいかも。
欲を言えば3.6Mbpsのベストエフォートにして貰いたかったが。
ちなみに日本の電話会社の端末はSIMロックがかかっているのが普通なので、このSIMを使えるのは当面HYBRID W-ZERO3と海外のスマートフォンでドコモの周波数帯に対応しているもの。

HYBRID W-ZERO3で使用すると基本料1,450円+PHS0円+日本通信2,980円=4,430円。
固定料金だが、3Gなんてすぐ上限に達するので問題ない。
CORE 3Gの上限5,250円が日本通信2,980円に下がるメリットが大きい。
とりあえず1ヶ月使ってみるか?
ウィルコム的には稼ぎどころの3Gを持っていかれるので痛い?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four − 1 =