【ウィルコム】再生支援決定

ウィルコムの再生支援が決定された。

・APがウィルコムに出資しPHSを継続する。
まあ、これは普通だろう。

・ソフトバンクはウィルコムのコスト削減に協力する。
何をする?地上系をNTTからソフトバンク系にするとコストが削減できるらしいが品質は?

・企業再生支援機構はウィルコムに対して必要な資金を融資する。
結局、出資ではなく融資になった。

・APとソフトバンクはXGPを譲り受ける。
・基地局ロケーションは新会社(XGPを行うほう)が譲り受ける。ウィルコムは共用する。
XGPは基地局ロケーションとともにソフトバンクへということ。
共用するとはいえ、基地局ロケーションを持っていかれたのはどう影響するか。
もっともソフトバンク側からみれば基地局ロケーション無しでXGPだけ貰っても展開できないし。

ウィルコムとしてはどうだろう?
XGPを失ってしまったがそれ自体はあまりマイナスではないかも。
XGPが生きるのはやはりPC接続を行った場合。
携帯端末では消費電力などの問題もあるし、なにより大量のデータをダウンロードできたとしても、携帯端末の画面サイズではそれを生かしきれない。
3Gでも十分だと思う。

技術のないソフトバンクとしてもXGPならセル設計が不要なので展開がしやすいだろう。
しかも基地局ロケーション付き。
ただ、展開し終わるまで資金が持つか?

この形ならPHSも生き残っていけそうだし、XGPもうまくすれば展開が出来る。
ウィルコムとしてはそのタイミングでXGP、WiMAX、LTEのどれかをMVNOで利用すればいいのでは?
もっともこれらの通信は携帯端末には向いていないと思われる。
W-OAMエリアを拡張し通常音声端末はTYPE-G、スマートフォンはハイブリッドで料金プランを見直せばいけるのでは?
なんだかんだいってもキャリア内完全定額を実現できているのはウィルコムだけなので。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − 11 =