Windows電話使いがAndroidを諦めてiPhoneを検討した話

そもそものきっかけ

スマートフォンは個人情報が多く詰まっているのでできるだけ安全に運用したい。そうなるとパスワードロックは必然なのだが長いパスワードは入力が面倒。指紋認証は安全と簡単と両立出来る、とiPhone 5sを使って思った。国内で使えるWindows 10 Mobileで指紋認証となるとHP Elite x3しかないのだが、6インチはやはり大きすぎる。そして新規にWindows 10 Mobileの出る可能性はほぼゼロ。ということでAndroidを物色。

Androidじゃダメ?

そこで降って湧いたのがBlueBorne問題。iPhoneはiOS10で対応済み、Windows 10 Mobileも9月の更新で対応済み(のはず)。しかしAndroidはNexus以外はほとんど未対応。セキュリティパッチの配布がgoogle→SoCベンダー→端末メーカーとなっているようでどうにも時間がかかる。今回のBlueBorneで被害が出なかったとしても今後も同じような状況では困る。Android8からはセキュリティパッチを早期にあてられるように変更しようとしているらしいがまだ、時間がかかりそう。半分消去法でiPhoneということに。まあWindows 10 Mobileも消去法で選んだようなもんだし。

iPhone 6sかiPhone 7か

じゃあiPhoneのどれにするか?SEは老眼にはちと厳しいので6s以降。かといってPlusは大きすぎ。ディスプレイサイズが5.5インチと同じJade Primoより一回り大きい。それがOKならx3でいいよ。Xはまだ出てないし高いし、8も高い。ということで6sか7。当初6sでいいかと思っていたが7に傾き中。
両者を比較した場合の違いは以下の通り。尚、「性能」に関しては6sでも十分だろうからあまり気にしていない。
・防水。やはり安心感がある。
・カメラが光学手ぶれ補正。5sでも6と同じようにデジタル光学補正でかなり頑張ってると思う。が原理的に言って光学手ぶれ補正の方がいい。
・Touch IDが物理ボタンから電磁式(?)に変更。物理ボタンは安心があるものの可動部品は故障の原因でもある。
・イヤフォンジャックがなくなった(マイナス)。一応変換アダプターがついてるし音質がどうしてもNGならDAC刺すからいいか。
とこれだけの違いがあって約1万円の差。ところが中古の買取価格は約1.5万円の差がついている。この先も同じという保証はないが6と6sの違いも同じようなものなので当面は変わらないか。そうなると1年程度で買い換えるとしてもトータルの出費は7の方が少ないし長期で使うなら新しい7の方が有利。イヤフォンジャックと色を除けば6sを選ぶ理由が残っていない。ということで現在は7に傾き中。

さて、どうするかなぁ…

(追記)
今日、F-05Jの更新が来ていた。ドコモのサイトで確認すると思っていたより更新されている。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − two =