【富士ソフト】FS030W購入&使ってみて

CLIDE W08Aの通信環境としてWindows 10 Mobileを使用していたのだが、

  • WiFiだと接続が不安定。
  • mineoのSIMが使えない。
  • ドコモ系MVNOで昼間通信速度が出ない。

等があってWiFiルーターを物色。選んだのは富士ソフトのFS030Wという機種。富士ソフト、知ってる?自分も名前くらいは聞いたことがあったけどWiFiルーターまで出している。一昨年、富士ソフトの人と一緒に仕事をしてその時にカレンダーを貰ってWiFiルーターを作ってることを知ったけど今回、物色を初めて候補にあがってなんか奇遇だなと。もちろんそんな程度では選ばないけど。今回FS030Wを選んだ理由は、

  • au系のLTEにも対応している。
  • IEEE802.11acに対応している。
  • 連続稼働時間が最大20時間。

といったところ。特にau系に対応しているのは大きく速度を求めるのであれば速度の速いUQのSIMを刺すことが出来る。

サイズはこんな感じ。

実際に使った感じとしては、

acなんていらなかったんだ!!

5GHz帯、W52、W53は屋外で使えない。W56は屋外で使えるが気象レーダーを感知すると2.4GHzに切り替わる。2.4GHzに切り替えずにチャンネルだけ逃げる機種もあるがその場合は別チャンネルが気象レーダーとぶつからないか1分間確認が入り使えない。一度2.4GHzになると自動で5GHzに戻らない(5GHzにするときに1分間使えないので勝手に戻られても困るが)。使用目的がモバイルなので数百Mbpsなんてバッテリーの無駄!じゃあこの機種は外れだったのかというとそんな事はなく、mineoのSIMが有効活用出来てる(速度はイマイチだけど)、バッテリーは朝から使い始めてこの時間で40%残ってる(W08Aはスリープ中もWiFiを切断しない設定で実際の使用時間は1時間程度)、通信速度を落としてよければBluetooth接続も可能。2.4GHzと5GHzの切替がボタン操作で出来ればよかったかな(出来るのかな?)。

今回はNTT-Xストアで購入。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − three =