ガラケーからの乗り換えはWindows 10 Mobileで

この記事はWindows 10 Mobile / Windows Phone Advent Calendar 2016の9日目の記事です。穴を空けないかドキドキものでした。

ガラケーが終了するというニュースが流れた。

「iモード」ガラケー出荷終了へ NTTドコモ
とうとうガラケーも終了の模様。ガラケーユーザーもスマートフォンに乗り換えか?
しかしガラケーユーザーの端末利用法というとこんな感じ。
フィーチャーフォンユーザーの約6割がスマートフォンに必要性を感じていない
これ2013年の資料だけどあまり変わらないだろう。今、ガラケーを使っている人は通話とメールが中心でおそらくパケット代もそれほど払ってないだろう(パケットという単語がもはや死語!)。ここまで残ったガラケーユーザーは次はどうするのか?
・Android:端末にある個人情報の取り扱いとOSが勝手に行う通信量が多いのが難点。
・iPhone:端末代が高いのとOS自体のセキュリティが実は意外と問題かもしれない。
2015年に脆弱性の報告件数が多かった製品は?

そこでWindows 10 Mobileですよ!

セキュリティ面も問題ないし(ユーザーが少ないというのもあるだろうが)。アプリは少ないけど電話とメールが出来ればいいガラケーユーザーなら問題ないだろう。端末も安いものなら1万円以下で購入できる。通信量に関してもOSが行う通信はそれほど多くない。メールも使用しないのであればデータ通信をオフにしてしまえばパケットは流れない。
操作に関してもメインの画面は通話とメールに関連するものだけにしてしまうことが出来る。こんな感じ。
2016120901 2016120902

ガラケーから切り替えを考えた時の問題点は?

まずWiFi環境が必要。なくても使えるがあった方がいい。ほぼメールと電話とはいえメール関連のアプリの更新もあるしOSも定期的にアップデートされる。これらをLTE回線で行うのは回線速度も辛いし料金増に繋がる。自宅に固定回線のインターネットがあればそれを利用するし無ければ無料のWi-Fiスポットでカバーできる。
それから留守番電話がない。Windows 10 Mobileに限らずほとんどのスマートフォンは留守番電話機能がない。電話会社のネットワーク型留守番電話を使ってもいいが月額料金がかかる。対応としてはFUSION IP-Phone SMARTを契約してその電話番号に転送する。月額料は無料。通話料はかかるが月に数件ならたいしたことはない。留守番電話に録音された音声をメールで受け取ることも可能だ。

この際だからついでに回線もMVNOへ乗り換え!

そして一番の問題はSIMを3G用のものからLTE用に切り替える必要があることだ。最近のLTE対応の端末は3G用SIMでは通信ができない。通話のみならばいいがメールが使えないのは困るだろう。LTEのSIMをWindows 10 Mobileに刺すことも可能だけれどメール周りの設定が面倒というのもあるし(今は普通にSPモード使えるようで)LTEは、というか最近のプランは料金が高いのでこの際だからMVNOへ乗り換えてしまおう。MVNOというとマニアックな感じがあるがライトユーザーこそMVNOに乗り換えた方がいい。3大キャリアは何が何でも6,500円は払わせようとするので。
MVNOにした場合の問題点としてキャリアメールが使えなくなる。一部にキャリアメールでないと受けられないサービスがある。けど、今回は電話とメール程度しか使わないユーザー向けの話だからそれ程問題ではないかな?Outlook.comかGmailへの変更がお勧め。携帯電話と同じようにメールを受信したら端末で即時に受け取ることが出来る。一度キャリアメールをやめればこの先、電話会社を変更するときにメールアドレスの変更連絡が不要だ。先にメールアドレスを取得しておいてMVNOに変更する前に連絡をしておけばいいだろう。
また無料通話もなくなるが一部のMVNOではオプションとして3分とか5分の通話定額がある。またプレフィックスと呼ばれる番号をつけると10円/30秒になるサービスもある。昔の固定電話の第二電電のようなサービスだ。一応有名なのは以下の3つくらいか。
・みおふぉんダイヤル:IIJmioというMVNOのユーザー向け。
・楽天でんわ:特定の電話会社に関係なく個別に申し込みが可能。ただし通話定額は楽天モバイルの契約が必要。
・G-Call:老舗。電話会社の縛りはない。国際回線扱いなので消費税がかからない。そのかわり固定のナンバーディスプレイに番号通知が出来ない。
MVNOに乗り換える時の注意点としてはau系のSIMでは使える端末がほぼ無いのでドコモ系のSIMを選ぶ事。

ところで端末は何がいいの?

ということで通話とメール程度ならWindows 10 Mobile。
ところでお勧めの端末は何かある?ということだが通話とメールという使い方なら個人的にはWPJ40-10という端末がお勧め。
理由として
・安い
・小さい
・企業向けのためか以外と作りがしっかりしている
欠点は液晶が安いタイプなので綺麗ではないが電話とメールだけなら気にするほどでもない。
ビックカメラ、Amazon、NTT-Xストアあたりで購入できる。

以上、ガラケーが壊れそうになったらWindows 10 Mobileに乗り換えるのがいいよということでした(^○^)

明日は@SASAさんです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − 6 =