メール環境を考える(全文検索をどうしよう)

現在のメール環境は
・Office365
・Outlook.com
・さくらのレンタルサーバー
・Yahoo
・nifty
でniftyはさくらに転送している。
さくらでは複数のメールアカウントが設定してあり、niftyから転送したものも含めて一つのアカウントに転送しそのアカウントをWindows 10のメールアプリで読んでいる。全てExchangeかIMAPでの接続になるのでローカルのメールデータを気にする必要が無くPCの引っ越しが非常に楽である。

先日、古いメールの検索を行ったのだが今ひとつ検索結果がおもわしくなかった。明らかに存在すると思われるメールが出てこない。
少し調べてみたところOffice365とOutlook.comは問題なし。IMAP接続分はダウンロード済みのものしか拾えないらしい。メールアプリとしてはオンラインで検索というのがあるがメールサーバーまでは見に行ってくれていない模様。そうなると一度全件受信をするかWebメールでログインして、となるのだがここでわかったのが「さくらのWebメールは本文を検索する機能がない」ということだった。

メールの検索ってどうなっているんだろうと考えると確かにクライアントアプリを使用する場合はサーバーのメールシステムによらず結果を返すだろうから、そうなるとクライアント側の機能になり、その場合は一度アプリ内で展開してから、となるのかもしれない。一方でサーバー側に全文検索の機能(namazu等)を入れてそのインターフェースを公開するとなればWebメールになるだろう。で、さくらは全文検索機能が提供されていない。
対応としては
・Outlook.com等へ転送する。
・サーバーにnamazuを導入する。
くらいか。前者の方が簡単なのだがさくらのサーバー、たまにスパムサーバーのDBに登録されることがありそうなるとOutlook.comは受信自体を弾いてしまう。Office365ならその辺りをある程度制御できそうだが設定面倒そう。集約するとそれなりの量になるから削除を考えないといけないし既存のメールに混ざるのも嫌だし。そうなるとnamazu導入かなあ…

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × five =