【データバックアップ】OneDrive for Businessにアカウント追加

※個人的な考えに基づいて行っているものなので安全を保証しているわけではありません。
以前から幾度となくデータのバックアップどうしようという話をしていたが答えが出たかな?
おさらいするとバックアップは

  • 自宅内の別ドライブにコピーをする。
  • クラウドにコピーをする。

なのだが前者は火災にあったら全滅。ポータブルHDDにして耐火金庫にでもしまう?そでもディスクの耐久性とか不安だし。
後者は不正アクセスが心配。2因子認証を設定しておけばだいぶ安全だがスマートフォン等を落としてしまえばそこからアクセスされるリスクもある。
話が少し脱線するが、マイクロソフトがPINが安全とかいっているがそれはクラウドのアカウント情報が守られるだけでPINを破られればローカルディスクの内容は読まれるしOneDriveのアプリが設定してあればクラウドの情報も読まれるし勝手なツイートもされる。つまりデバイスへの不正ログインは防がなくてはならない。
話を元に戻すとデバイスを持ち歩けばデータをリスクに晒すことになる。で、ふと思った。自宅で使っているこのデータ、外で見れる必要ある?元々ローカルHDDのバックアップなので外で見れる必要はない。けど、持ち歩くデバイスにはアカウント情報が入っている(アドレス帳もOffice365 Business PremiumのExchangeを使用している)。そうだ、自宅専用のOneDrive for Businessユーザーを追加すればいいんだ。OneDrive for Businessは単体での契約も可能。金額は540円/月(1年契約、税別)。これで2段階認証もかける。このアカウントは持ち歩く端末には入れない。
これで

  • 外部からはアクセス出来ない(ゼロではないが相当に困難)。
  • 遠隔地での保管。
  • バックアップデータのバックアップ。

とおおよそ個人ではやり過ぎなくらいの環境が出来た。

そういえばこんな話も出ていた。クラウドへのデータバックアップはいろいろと有効。後はスクリプトでも組んで定期的にコピーするかはなからローカルに置かない(バックアップが取られるから)というのもありだな。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + 16 =