【VAIO Phone Biz】こうすればよかったんじゃない?

VAIOファンに怒られそうだが書いてしまおう。

VAIO Phone Biz、予想より売れているみたいな記事もあったようだが購入者のレビュー等を見かけることが少ない。まあ、企業向なので個人のレビューなんかないよと言われてしまえばそれまでだが。それでもBizと言うには中途半端な気がするのでこうすればよかったんじゃない?という妄想を。

まず、アルミ削り出しボディだがこれ「企業」が必要とするだろうか?企業の大量導入を考慮してSoCにSnapdragon800番台を使えなかったというがそうであればアルミ削り出しボディをやめてSoCを上位のものにした方がよかったのではないか?カメラに関しても1,300万画素が必要であったか?企業はむしろカメラなしモデルを欲しがるのだが。代わりにデジカメ対応のアプリを搭載した方がよかったのでは?ディスプレイにしても5.5インチFull HDのどこに訴求力があるのか?単体で使用するなら5.5インチでも小さく6インチオーバーの方がよくなかったか?Continuum前提であれば5.5インチは不要で5インチ以下でよかったのではないか?バッテリーもストレージもNuAns NEOに負けてるし。メモリ3GBもディスプレイの解像度のために必要になるようなものでアプリの実行にはあまり影響なさそうだし。結局、アルミ削り出しボディ意外に売りがない。これでは企業としてもNuAns NEOかMADOSMA Q601(早く出て欲しいなぁ…)を選ぶのでは?ドコモのネットワーク認証通ってると言う点ではCoviaから安いの出ちゃったし。

ということでVAIO Phone Biz、こんなスペックならどう?
SoC:Snapdragon800番台
メモリ-:3GB
ストレージ(内部/外部):64GB/200GB、90MB/秒対応
ディスプレイ:5インチFull HD(ContinuumでFull HD出せるなら単体はHDで可)
インターフェース:USB3.1 Type-C、NFC(Suica対応)
通信:GSMにも正式対応
カメラなし
アルミ削り出しボディは不要。
価格10万円以下(経費扱い可となる)

なお、個人向けはXperiaにWindows 10 Mobileを搭載で可w

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − seven =