【Windows 10 Mobile】初期セットアップTIPS

MADOSMA、NuAns NEO、VAIO Phone Biz等、Windows 10 Mobileが増えているので初めて触る人も増えてるかな。
いろいろなやり方があるけど、とりあえず自分の場合。

  1. SIMは抜いておく。まあ入っていても問題ないとは思うが、入っていると再起動等で時間がかかるという情報もあるので抜いておく。
  2. Wi-Fiはスキップする。
    2016041602
    OSのバージョンアップとメーカーからの出荷のタイミングを考えるとセットアップ後にOSのバージョンアップが必要になると考えられる。Wi-Fiを設定してしまうとOSCAR以外のアプリも更新にいってしまうようなのでとりあえず即座にいろいろなダウンロードが始まらないようWi-Fiは設定しないでおく。
  3. 「すぐに作業を開始」画面でカスタマイズを選ぶ。
    2016041603
    情報の送信とかの設定があるので不要と思うものはチェックを外す。ちなみに自分の場合はこんな感じ。
    2016041604
    2016041605
  4. 「各種サービスを同期しましょう」の画面でサインインせずに後でサインインするを選択する。
    2016041606
    毎回、MSアカウントを作成するなら気にするこもないが、アプリの課金等を考えるとアカウントは同じものを使用したいところ。ただし、それをやるとEdgeのお気に入りがPCと同期されてしまうのでこのタイミングでは同期をしないようサインインをしない。同期したお気に入りはOneNoteを使うのがお勧め。Windows Phone 8のときは設定中に同期有無を選べたような気がするが…
  5. OSが起動するのでまずはEdgeの設定。Edgeを起動してから設定画面を出して「コンテンツの同期」をオフにする。
    2016041609
    2016041610
    詳細設定を表示して「パスワードを保存する」をオフにする。Cookieは「サードパーティのCookieだけをブロックする」。
    2016041607
    2016041608
  6. 次にWi-Fiの設定を行ったらストアを開き、設定画面の「アプリの更新」で「Wi-Fi接続時にアプリを自動的に更新する」をオフにする。
    2016041611

これで意図しない更新等が発生しないので電話の更新を行いOSを最新状態にする。その後で設定→アカウント→メールとアカウントでMSアカウントを指定する。
2016041612
アカウントの選択はOutlook.comを選ぶ。「Microsoftアカウントを使ってこのデバイスにサインインしますか?」はそのまま「次へ」を選択。これでメールやカレンダーも使える状態になる。後は止めておいたアプリの更新を行う。ストアを開いてサインインされていない状態の場合は「サインイン」を選択。
2016041613
アカウントの選択に先程設定したアカウントがあるのでそれを選択する。「ダウンロードと更新」を選んで「更新プログラムのチェック」をすると30個くらい更新対象として出てくる。
2016041614
あと、設定→システム→バッテリー節約機能で「バッテリーの使用状況」をタップするとアプリの一覧が出てくる。ここで「バックグラウンドのアプリの設定を変更する」をタップすると各アプリの設定を行うことができる。
設定画面で色がついているところはタップできることが多いのでとりあえずタップしてみる。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − 3 =