【ASUS T100HA】安全なモバイル運用

モバイルPCを持つのは初めてだが、これを安全に運用しようとすると結構大変。
マイクロソフトはログインにPINを推奨している。理由はサインインをMSアカウントにしてパスワードを盗み見されるとクラウドまで侵入されるから。PINなら漏れてもその端末までしか侵入できないから。確かにそうなのだが、じゃあ端末自体には重要な情報はないのか?ドライブ内の各種ファイル、ブラウザのブックマーク、cookie等々端末にも大事な情報は結構ある。なので本当に安全に運用するためにはシンクライアント化しするしかないのだがその場合、どこかでWindowsがあがっている必要がある。企業であれば普通にサーバーがあるが普通の個人では難しいだろう(twitterのTLには普通にいそうなのだが)。
そうなるとやはり他人にログインされ辛くするしかない。指紋リーダーなどを利用して2因子認証を利用するか。ただし、それなりにコストがかかる。Windows Helloが使用出来ればいいのだがT100HAのカメラは非対応である。そうなると次に考えられるのはピクチャーパスワードだ。ただ、これも注意が必要でスマートフォンで既に問題になっているが画面に指の跡が残るためどこをタッチしているのかわかってしまう。ログインの度に同じところをタッチするので意外と簡単に判別できてしまう可能性がある。長い線を引かない等の工夫が必要そうだ。また、Windows Helloもピクチャーパスワードも既存のパスワードやPINによるログインが出来なくなるわけではないのでこのあたりの設定はセキュリティが保てる長さ・複雑さで行う必要がある。これらは普段使わなくなるはずなので自宅でメモを見ないと入力出来ないくらい複雑にしても問題ないはずだ。
スマートフォンをキーにする話もあったはずなのだが、その後どうなったのだろう?
そんなに心配ならPCなんか持ち歩かなければいいのにと言われてしまいそうだが、やっぱり外でPCが使いたいということもあるのだよ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 2 =