【物欲】Windowsタブレット【比較】【その後】

Windowsタブレットだが重量と価格からマウスコンピューターのWN892にほぼ決まりかなと思っていた。
が、実物というか同じ8.9インチの他のモデルを店頭で見たら予想以上に小さい。モバイル用途としてスマートフォンの拡大版的に扱うのならば問題なさそうだがPCとして考えてると正直、微妙。やはり10インチクラスが必要か。8.9インチが予想以上に小さい理由として16:10というアスペクト比だ。これが4:3ならばもう少し印象が変わったかもしれない。とにかく短辺が短い。
そうなると10インチクラスということでASUSのTransBook T100HAが候補にあがってくる。が、重量がネックだ。ディスプレイ側単体だと580gなのだがキーボードをつけると1.08kgになってしまう。重量だけでみればSurface 3+タイプカバーの方が軽いじゃないか!が、あちらは価格というネックが…毎日使用するのであればSurface 3でもいいがたまにしか使わないのにあの価格は…物欲はあるがお金はないのだよ。
重量を基準にしたらマウスコンピューターのMT-WN1001もありか。今度はバッテリーが不安だが。単体の重量ではT100HAとあまり差がないのに何故ここまで稼働時間の差が出るのか。T100HAはキーボードがBluetoothではなく有線接続というのが効いているのか。
もう少し検討した方がよさそうだ。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × four =