PCとスマフォで同じアプリ(同じロードモジュール)が動く意味

個人的にはあまり意味がないと考えている。理由としては21インチのPCと5インチのスマフォで同じ画面を表示されたってどうしようもない。画面デザインをPCに合わせればスマフォでは小さすぎるし、スマフォに合わせればPCで見た場合、間抜けな画面になってしまう。スマフォで拡大しながら使えばいい?そんな面倒なことをするくらいなら最初からスマフォ用の画面を用意してくれ。もうこの時点でPCとスマフォが同じアプリで有る必要はなくなる。大事なのは同じアプリであることではなく同じデータを扱えることである。
一方、同じアプリなら一つ購入すればPCとスマフォの両方で使える。今の時代、CD-ROMからインストールする必要もないのでライセンスキーだけ合わせてもらえばそれで事足りる。
ここまで使用者・購入者からの視点。では開発者からの視点ではどうか。
PCとスマフォで同じ画面を使うわけにはいかない以上、それぞれの画面を作り込む必要がある。ロジック部分は共有出来る?それはコピーするなりライブラリの共有化等で対応出来るだろう。ストアへの提出が1回で済む?1回で済ませるためにはPC、スマフォの両機能が完成している必要がある。先にPCM用をリリースして後からスマフォ用をリリースするのではアプリが同じである必要はないな。
こう考えるとPCとスマフォで同じアプリが動く意味はあまりないのかなぁ、と。
それよりもWindows Phone、iPhone、Androidのアプリを同じソースコードから作れる方がユーザー、開発者の双方にメリットがあるような気がする。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 3 =