【MADOSMA】電話&電話帳

「電話機」の説明なのに電話&電話帳がこの順番でいいのか?というのは置いておいて(^^ゞ
MADOSMAの電話帳はPeopleというアプリになっている。
開くとこんな感じになる。
2015062008
「人」別になっていて「人」を選ぶと電話番号、SMS、メールアドレスが表示されるので連絡手段を選択する。このあたりはWindows Phoneが出た当時にアピールされていたこと。
2015062009
ホームスクリーンに作成するタイルもこの「人」単位になる。
一方でそれはちょっとまどろっこしいというのもあって電話番号、メールアドレス単位でタイルを作れるようにアプリを作ってみた(【宣伝】People Phone Book)。
これでタイルを作るとこんな感じ。左が標準のもの、中央がPeople Phone Bookのもの。
2015062010
タップすると電話をかける画面になる。
2015062011
なおアプリがこの画面をスキップして電話をかけることはできない(はず)。通話時間を管理しようと思って通話後に少し確認のダイアログが出るが(この機能、なくそうかな?)。
このPeopleはoutlook.comと同期している(Gmailとも同期する?使ってないからわからない)。つまり電話帳がクラウドに上がることになり従来の電話機を使っていた感覚からすると「大丈夫?漏れたりしない?」と不安になる。自分がそうだったので【宣伝】Standalone Phone Bookというアプリも作ったりした。スタンドアロンなので登録は手動か特定のフォーマットで作ってメールなど(ここもネットワーク通るので不安かも)で端末に入れる必要がある。このアプリは通信機能を持っていない(「アプリの要件」という項目で確認できる)ので安心して使える。ただしスタンドアロンなので着信音の設定等は出来ない。アプリにパスワードをかけることも出来るが通話履歴には電話番号が残るで秘密の電話帳のような使い方には向いてない(通話履歴も手動で消せるけど)。
直接ダイヤルをする場合は「電話」で画面をだして「キーパッド」ボタン(下の方にある)で見慣れたプッシュホンの画面になる。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 2 =